人間関係を崩さない!親戚への結婚内祝いには何がおすすめ?

親戚への結婚内祝いは新郎新婦の新しい家庭から初めて差し上げるご挨拶でもあります。喜んでいただけるコツをつかんで、親戚とのいいお付き合いにつなげたいものです。

「親戚の情報をリサーチ」して考える

親戚の情報をリサーチしているイラスト

「自分たちの好み」を押しつけすぎないように

新郎新婦の人となりがそれとなく伝わるような結婚内祝いは、もらう方も微笑ましい気持ちになれるもの。ただし、自分たちらしさにこだわるあまり、お相手に喜ばれないものになってしまっては元も子もありません。「若向きすぎ/渋すぎではないか」、「実用性はあるか」、「好みの分かれるものでないか」など、客観的に考えることも大切です。

家族構成・人となり・地域の慣習などをチェック!

よく存じ上げない親戚であっても、両親や近い親戚などに聞けば、家族構成や年代、お仕事くらいはわかることが多いもの。さらに甘党か辛党か、コーヒーやお酒を召し上がるかどうか、旅行やスポーツなど趣味や好みについて聞き出せれば、選択肢はグッと広がってきます。

誰でも使いやすいものを選ぶ

シンプルなデザインの「タオル」「リネン類」「食器」

情報が少なかったり、どうしても決めかねる場合は「誰でも使いやすいもの」がオススメです。代表的なのが、タオルの詰め合わせや、シーツなどのリネン類、食器といった品。好みを問わない「シンプルなデザイン」と「家族構成に合わせた数・サイズ・種類」を選ぶのがコツです。

本当に欲しいものを差し上げられる「カタログギフト」

先様に選んでいただくことができる「カタログギフト」は、人となりをよく存じ上げなくても「本当に欲しいもの」を差し上げられる究極の一手。体験ギフトなど多彩な内容のカタログも増えていますし、どんなものを選ばれたか伺う機会があれば、今後のお付き合いにも活かせます。

サイトマップ
ページのTop(一番上)へ