結婚式の引出物や引菓子でスイーツを選ぶなら知っておきたいポイント

引出物にスイーツは定番だからこそ、よりゲストに喜んでいただける品を選びたいもの。味や見た目についこだわってしまいがちですが、押さえておきたいポイントは他にもあります。さっそく、見ていきましょう。

金平糖の包みを手に、新郎新婦を思い浮かべて「若いのに感心ねえ!」と喜ぶおばさま

引出物のスイーツ、ポイントは味以外にも

味や見た目はもちろん“日持ち・小分け・持ち帰り”も

有名なお店の美味しいスイーツでも、食べきれないほどの量で賞味期限も短いと“必死で食べ切った”思い出だけが残る……なんて切ないことに。味や見た目にこだわるのはもちろんですが、少しずつ食べられるよう日持ちがするもの、お裾分けしやすいよう小分けになっているもの、持ち帰る時困らないよう軽くてかさばらないものを選ぶようにするとベターです。

和・洋どちらもお祝い向きの“縁起菓子”がある

定番の紅白まんじゅう以外にも、結婚式にぴったりの縁起菓子はたくさんあります。洋菓子なら、夫婦で年輪を重ねる様子を連想させるバームクーヘンや、フランス語の“良い(bon)”を重ねたボンボン。和菓子なら、時間と手間をかけて作る様子を、夫婦が家庭を築く様子になぞらえた金平糖に、鶴や亀など縁起のいい動物をモチーフにしたお菓子なども。こういったお菓子があることを踏まえておくと、ご年配の方にも喜んでもらえるはずです。

“量より質”が失敗しないポイント

“いいものを少しだけ”は実はゲストを選ばない

年齢も家族構成もさまざまなゲストが参列する結婚式ですと、引出物でどのくらいの量のお菓子を選ぶかは悩みどころ。迷ったら、量より質にポイントを置いて選ぶのがオススメです。独身の方やご夫婦だけといった方に喜んでいただけるのはもちろんですし、人数の多いご家族でも、量が少なかったら分け合うなどなんとか調整するものです。

もっとこだわりたいなら年代別・家族構成別に贈り分けても

もっとみなさんに喜んでいただきたいというなら、ゲストの年代や家族構成を踏まえて何種類かのお菓子を贈り分けるのも細やかな心遣い。大人のご夫婦には洋酒を使ったお菓子を、お子さんの多いゲストにはかわいらしい焼き菓子のセットを……と、選択肢が広がるのもうれしいポイントです。

サイトマップ
ページのTop(一番上)へ