香典返しとは?時期や金額相場のマナーを解説

香典返しは、お通夜や葬儀で故人にお供えいただいた香典へのお返しです。お悔やみいただいた方々へ、弔事を滞りなく終えたことと御礼を伝えるために贈る物でもあります。

今回の記事では下記のようなことをご紹介します。

  • 香典返しの金額相場
  • 香典返しはいつ、何を渡せばよいのか
  • その他の基本的なマナー
風呂敷につつまれた香典返しの品を指差し「忌明けに持参、もしくはあいさつ状とともに配送します」と説明するコンシェルジュさん

香典返しとは

香典には本来、大切な家族を失った遺族の悲しみを慰め、励ますという意味が込められています。その香典に対して、無事に四十九日の法要が済んだという報告も兼ねて、遺族がお礼として贈るのが香典返しです。

香典返しは喪主が持参して手渡すのが本来のマナーだとされています。しかし、核家族化が進んだことで家族や親族が離れて暮らすケースが増え、一人ひとり訪ねて歩くことが難しくなりました。そのため、現在では挨拶状を添えて配送するのが一般的な方法となっています。また、場合によっては香典を頂く葬儀当日に香典返しを手渡すこともあります。

香典返しの金額相場

香典返しの予算は、日本特有の「半返し」の習慣にならって、頂いた香典の半額が一つの目安となるでしょう。ただし、半分では多すぎるという考え方もあるため、3分の1~半分程度の予算で用意するのが一般的です。

一般的な香典返しの金額

頂いた金額から贈り物を選ぶ

前述のように香典の3分の1~半分程度の贈り物を選びましょう。おすすめの品物はぜひこちらからお選びください。

誰からいくら頂いたのかを控えておく

香典の金額は人によって異なるので、3種類程度の価格帯の香典返しを用意することになります。このとき、頂いた金額に見合わない香典返しを贈ってしまわないように、誰からいくら頂いたのかということはしっかりと控えておくことが大切です。

地方によって一般的な相場が異なっていた

かつては関東では半返し、関西では1/3返しが一般的な相場と言われていましたが、人とひととの繋がりが全国規模となってきた昨今では地域ごとに区別するのが難しいため、基本的には「半返し」という認識で問題ないと思われます。

多額の香典をいただいた場合は?

香典返しを葬儀当日に用意していた場合、お返しの品物に比べて多額の香典を頂くことがあります。

こうしたケースでは、後日改めて別の品物を贈るとよいでしょう。当日に渡した物と合わせて半額程度になるようにするのが一般的です。

例えば、頂いた香典が3万円で当日のお返しが5000円であれば、後日改めて1万円の品物を贈るといった具合になります。

なお、親族などから高額の香典を頂いた場合は遺族の扶助という側面も大きいため、必ずしも半額になるように香典返しを用意する必要はないでしょう。

香典返しは、貴重な時間をいただき葬儀に参列していただいた方のご厚志へ、感謝の気持ちを伝える習わしです。だからこそしっかりマナーを抑え、気持ちをお伝えしたいですね。

会葬御礼と香典返しの違い

会葬御礼と香典返しの違い
会葬御礼と香典返しの違い

会葬御礼はすべての弔問客に渡す

会葬返礼品とも呼ばれる会葬御礼とは、葬儀に来てくれたことに対する感謝の気持ちを表す贈り物のことです。

香典の有無にかかわらず、すべての弔問客に渡すのが決まりとなっています。タオルやコーヒーなどの日常生活に役立つものが定番の品物ですが、かさばらないように図書カードやクオカードなどを用意する場合もあります。

香典返しは香典に対する返礼品

一方、香典返しは頂いた香典に対する返礼品なので、基本的に香典を受け取らなければ渡すことはありません。

当日に香典返しを渡すときは、会葬御礼と混同されないようにしっかりと区別することが大切です。

香典返しを渡す時期

忌明けの時期

香典返しは、弔事を滞りなく終えたことを伝えるという本来の意味のとおり、四十九日を過ぎた後、つまり「忌が明けて」から贈ります。

宗教・宗派により時期は多少異なりますが、亡くなられた日から30日~50日後に渡すのが良いでしょう。

喪主が直接持参して、挨拶とともに贈るものですが、現在では挨拶状とともに配送するのが通例です。

忌が明けてから贈るということで、四十九日法要へ参列された方々へお渡しすると考える方もいらっしゃるかもしれません。

しかし、四十九日法要は忌明けの大切な儀式ですので、香典返しは後日挨拶状とともに配送するか、直接持参しましょう。

香典返しの掛け紙・表書き

冠婚葬祭には、掛け紙・表書きのさまざまなルールが存在します。

ここでは、香典返しにおける掛け紙・表書きについてご紹介します。

掛け紙とは

よく掛け紙とのし紙が混同されがちですが、弔事に使う掛け紙にはのしがありません。

のしとは「熨斗鮑(のしあわび)」のことを指し、昔、薄く伸ばした鮑を縁起物として贈呈品に添えていたことに由来します。

掛け紙の種類

香典返しに使うのは掛け紙ですが、宗教や地域性に応じて使う種類が異なります。

一般的には「黒白結び切り」という掛け紙を使いますが、関西や関東、仏式かどうかで模様や色に違いが生じますので注意が必要です。

「結び切り」は「本結び」のことで、一度結ぶと決して解けない結び方であるため、繰り返しを好まない弔事や婚礼に用いられます。

表書きの種類

表書きも宗教・地域性によって決まりがありますので気をつけましょう。

一般的な香典返しの表書きは「志」ですが、香典がない神式やキリスト教式では「偲び草」、関西から西日本・北陸では「満中陰志」、瀬戸内を囲んでいる中国・四国・九州地方の一部地域では「茶の子」と書きます。

いずれの場合も、一度、お身内や親族の方に確認してみましょう。

香典返しのご挨拶状・お礼状の書き方

さて、香典返しを贈る際には感謝の気持ちと、忌明けのご報告として、ご挨拶状やお礼状を送る必要があります。

掛け紙や表書きと同じように、宗派により文面が異なるため注意が必要です。

宗派の違い
宗派の違い

仏式は、故人との続柄に「亡」を使います。亡くなったことを表す言葉には「死去」を、法要名は「四十九日法要」を用います。

キリスト教式では、続柄に「故」を用います。亡くなったことを表す言葉には「召天」を、法要名は「記念会」を用います。

神式・天理教式では、ともに続柄に「故」・法要名に「五十日祭」を用いますが、亡くなったことを表す言葉に違いがあります。神式では「帰幽」、天理教式では「出直し」という言葉を使います。

後日返しと当日返しの違い

メリットデメリット
メリットデメリット

先述のとおり、香典返しを渡すタイミングには後日と当日という2つのパターンがあります。

後日返しの場合

まず、香典返しを後日渡す場合、当日は会葬御礼だけを渡すことになります。

後日香典返しを渡すメリットは、それぞれの香典の金額に合わせて品物を選べるので不公平になりにくいということです。

また、贈る品物に相手への個人的な感情を込められるということもメリットの一つとして挙げられます。

一方、葬儀を終えてから香典返しの品物選びを行わなければならず、ゆっくりできないことがデメリットだといえるでしょう。

香典返しを後日手渡す場合は、感謝の気持ちを口頭で伝えることができます。手渡す相手が多くいるときは、予定がうまく調整できず、渡すのが遅れてしまわないように注意しましょう。

手渡しではなく配送する場合は、お礼の気持ちを綴った挨拶状を添えるのが基本的なマナーです。訪問する手間をかけずに香典返しを配ることができますが、配送料がかかる分コストが高くなるという点には注意が必要です。

掛け紙のマナーについて

なお、香典返しには掛け紙をつけるというマナーがありますが、手渡しと配送で適した方法が異なります。手渡しの場合は包装紙の上から掛け紙をつける「外掛け(外のし)」が、配送の場合は掛け紙をつけてから包装紙で包む「内掛け(内のし)」が適しているということを押さえておきましょう。

のし図

当日返しの場合

葬儀当日に香典返しを渡す場合は、受付で香典を頂いたときにすぐお返しするという形になります。

この当日返しはもともと関東地方や東北地方で行われていた方法ですが、現在では全国に広まりつつあります。

当日返しのメリットは、香典返しを渡しそびれる心配がないということです。また、全員に手渡しできるので送料がかからないということもメリットの一つでしょう。

ただし、香典返しのつもりが会葬御礼と勘違いされてしまうこともあるので注意が必要です。また、頂いた香典の金額によっては後日別の品物を贈ることになり、二度手間になる場合があります。

香典返しの受け取りを辞退された場合の対応

昨今では、香典返しを辞退される方も増えてきました。

理由はさまざまですが、最も多いと言われているのが、残された家族の方の負担を考えて、というものです。

また、連名での香典の場合は一人当たりの香典返しが少額になることもあり、あらかじめ辞退することもあります。もしくは、勤務先の規定で香典返しを受け取ること自体を禁止されている方もいるようです。

お礼状のみ送るようにする

香典返しを辞退する場合、その旨を一筆書いて香典に添える場合が多いようです。その場合、香典はご厚意としてありがたく受け取り、忌明け法要の折にお礼状のみ送るようにしましょう。香典返しという品物ではなく、感謝の気持ちをきちんと伝えるようにしましょう。

挨拶状

会社・法人からの香典に対する対応

会社・法人からの香典にはいくつかのパターンがあります。

まず、贈り主の名義が法人だった場合、香典は経費として計上されているのでお返しする必要はありません。

また、社長や部長、同僚などから個人名義で香典を頂いた場合は通常通りにお返しするのがマナーです。

社員有志という形の連名の香典を受け取ることもあります。この場合、香典を人数で割った1人あたりの金額で対応を決めるとよいでしょう。

1人あたりの金額が少ない場合、全員で分けられるお菓子などを持参して感謝の意を伝えるのが適切です。

1人あたりの金額が3,000円以上など多い場合は、それぞれに個別で香典返しを用意するのが望ましいでしょう。

基本的には香典返しは必要になる

ここでは、香典返しをしないケースや、その香典返しをしない場合の抑えておきたいマナーについても解説しました。

ただし、現実的に香典返しが必要ないケースは稀だといえます。上記のような特別な理由がない限り、基本的には香典を頂いたら香典返しをしなくてはならないと考えておいたほうがいいでしょう。

マナーや宗教ごとの違いなど理解しておく

また、相場や掛け紙などのマナー、宗教ごとの対応の違いなどについて理解しておくことも重要です。ご家庭の事情や住んでいる地域によって対応が異なることもあるでしょう。

いざという時に慌てないためにも、日頃からしっかり調べておき、心得て起きたものです。

香典返しの注文方法

ここまで香典返しについての解説をしましたが、いざ注文するときに「どういった品物にすれば良いのか悩んでしまう」、「スマホだと注文しにくい」といった事もあるかもしれません。

そんな時のために「香典返し注文サポート」を使っていただければ注文に関してサポートをすることができます。是非ご活用ください。

ページのTop(一番上)へ