ご両親や親せきへの新築・引っ越し祝い内祝い(お返し)のマナー

新居の前で一族で撮影した記念写真

高額なお祝いは相場で返さない

両親や親せきなどの親族から高額な贈り物や現金をいただいて、お返しに迷う方が多いようです。一般的には内祝いの相場は1/3〜半額程度のお品を贈るのがマナーとされていますが、親族からの高額なお祝いのお返し(内祝い)の場合はこの限りではありません。
両親や親せきからの高額なお祝いには、「援助したい」という気持ちが含まれています。高額なお返しは「気持ちを無視しているのでは?」と心配させてしまいますし、援助したいという気持ちを返されたように感じることもあるでしょう。お気持ちをありがたく受け取り、心からの感謝を伝えましょう。また、後述のお披露目に招待すると、なによりのお返しになります。

内祝いのタイミングは転居してから1〜2カ月?

一般的には転居してから1〜2カ月くらいが、内祝いを贈る時期です。ちょうど荷物整理が落ち着いた頃ですね。しかし、内祝いにお食事や旅行を選ばれる場合は、お互いの都合を合わせる必要があるのでこの通りでなくて構いません。まずはお手紙や口頭でお礼とともに「近い内にお食事・旅行に誘わせてくださいね。」とお伝えしておいて、時期などの希望を聞いておくとよいでしょう。

 

ご両親や親しい親せきにはぜひ「お披露目」を

お披露目とは、新居に人を招いておもてなしをすること。現在では「お返しのお品=内祝い」という意味あいが強いですが、本来の内祝いは「良いことがあった家の者が、親しい人を家に招いてもてなす」こと。新居のお披露目は、本来の新築内祝い・引っ越し内祝いの意味にかなった方法なのです。

お披露目のタイミングと方法

転居してから1〜2カ月後、新居の片付けが落ち着いたらお披露目をします。これより遅くなってしまう場合は、お招きする気持ちがある旨を先に伝えておきましょう。各お部屋をご案内するので、お部屋の様子がよく分かる日中がふさわしい時間帯とされています。いただいたお品がお部屋にあると喜んでいただけますから、ぜひ飾っておきましょう。お部屋をご案内した後は、新居でお食事を出しておもてなしするのが一般的です。

忘れないで!お披露目の手配

お披露目をする日時が決まったら、先様がスムーズに新居にたどりつけるよう手配をします。電車の場合、先様の最寄駅からの乗り換え方法や、お車であれば近くの駐車場をいくつかピックアップしてお手紙などでご連絡します。飛行機や新幹線のチケットを送るのもよいアイデアですが、先様によっては恐縮されてしまうので注意が必要です。

お披露目できない時は

なんらかの事情で新居にお招きできない場合は、新居の住み心地などを書き添えたお礼状を出してみましょう。家の外観や室内の写真をお見せするのもよい方法です。
もしくはお食事や旅行など、一緒に作る思い出を贈るのはいかがでしょうか。高価な内祝いを贈るのと比べ、両親・親せきが比較的受け取りやすい新築・引っ越し内祝いです。こちらも先様が心配しない程度の予算にしておきます。

あまり高額でないものをいただいたら?

両親・親せきに一般的な引っ越し祝い・新築祝いのギフトをいただくケースもあります。その場合はありがたくいただき、内祝いのお品をお贈りしても問題ありません。この時の相場やタイミングは通常の「新築内祝い・引っ越し内祝いのマナー」と同じです。あわせて、都合があえばお披露目にお招きすると喜んでいただけます。

迷ったらカタログギフトも案に入れて

カタログギフトにはお食事や旅行など、思い出を贈るギフトも用意されています。特定の飲食店のコースを予約できたり、加盟店ならいつでも使えるお食事券などがあり、スタイルに合わせて選べます。
カタログギフトは金額が分からないようになっており、その点も両親・親せきに気を使わせずに贈れる大きなメリットといえます。

サイトマップ
ページのTop(一番上)へ