知らないと失礼?弔事用のし紙の表書き「志」について

「志」は弔事の一般的な表書き

香典返しの表書きを「志」とするのは、宗教を問わずに使えることから、最も一般的になっているようです。他に仏式では地方によって「忌明」や「満中陰志」、神式では「偲び草(偲草)」、キリスト教などでは「記念品」と表書きされることもあります。

なぜ「志」となったかはっきりとした由来は知られていませんが、「志」という字には「気持ち」の意味がありますから、感謝の気持ちを示すものと考えてよいでしょう。

「志」と表書きするのし紙の書き方

のし紙は黒白、黒銀、または黄白の水引を印刷したものが一般的です。仏式であれば、蓮の絵が印刷されていることも多いようです。水引の色や蓮の絵の有無は、「葬儀のみ」「四十九日まで」など地域によって違いがありますから、葬祭業者などに確認しておくと安心でしょう。

書き方としては、水引の結び目より上側に「志」、下側に施主の姓(もしくは姓名)を入れます。

「志」と「寸志」は1文字で大違い!

「寸志」と書かれたのし付きの香典返しを上司に渡す部下のイラスト

「寸志」は「目上から目下への『お祝い』」

お店へのし書きを依頼する場合などに注意したいのが「志」と「寸志」の取り違えです。「志」は弔事に使われるのが一般的ですが、「寸志」は目上の方から目下の方へのお礼や差し入れに使われるもので、紅白水引ののし紙などが一般的。つまり、どちらに取り違えても大変失礼にあたるのです。

字面は似ていますが、読みは「こころざし」と「すんし」で違いますので、口頭でもしっかり確認するようにしましょう。

サイトマップ
ページのTop(一番上)へ