【仏式】戒名について

戒名については、普段から仏教や葬祭によく関わる立場でなければ、なかなか知る機会も少ないもの。ここでは、戒名について知っておきたいことについてまとめました。

【仏式】戒名についてのイメージイラスト

はじめに

戒名は、本来仏門に入り、戒めを守る印として与えられる名前でした。日本では「死者は仏門に入る(成仏する)」という独自の考えから、故人に戒名を授ける風習が盛んになったといいます。

戒名は宗派によって法名・法号とも呼ばれる

「戒名」とは、禅宗などの宗派における呼び方です。浄土宗、浄土真宗ではこれを「法名」と呼び、また日蓮宗では「法号」と呼んでいます。

戒名に使われる文字でいろいろなことがわかる

二文字からどんどん増えていった戒名

現在、一般的に戒名と呼ばれるものは、仏弟子としての位を表す「位号」や、生前のおこないなどに応じて授けられる「道号」「院号」「院殿号」が加わった複数の内容から成っています。ただ、これは後年徐々に加わるようになったもので、本来の「戒名」は二文字のみとなっています。

「位号」で性別や歳ごろがわかる

戒名の中でも「位号」は、性別や歳ごろ、生前のおこないによってつけられ方が違います。
例えば大人の男性であれば「(大)居士」「(大)禅定門」「(清)信士」、大人の女性であれば「(清)大姉」「(大)禅定尼」、「(清)信女」などとされます。また、中学生くらいまでであれば「(大・清)童子・童女」、幼稚園児くらいであれば「孩児・孩女(がいじ・がいにょ)」、赤ちゃんの場合は「嬰児・嬰女(えいじ・えいにょ)」などとされます。

宗派によって使われる文字も違う

戒名によく使われる文字は、宗派によっても違ってきます。
浄土宗の法名には、最高の尊称である「阿号(“阿”の字を用いる)」のほか、「誉号」「良号」「空号」もよく使われます。
浄土真宗の法名には、釈迦の姓である「釈」の文字を用います。なお、女性は「釈尼」とされることもあります。
日蓮宗の法号には、日蓮上人の「日」をつけることがよくあるようです。また、道号に「法」(男性)や「妙」(女性)を用いることが多くあります。これは、「妙法蓮華経」にちなむものです。
香典返しの挨拶状の内容なども宗派によって変わってきますから、故人の宗派が分からないときは戒名(法名・法号)を参考にしましょう。

戒名は“葬儀までに必ず要る”ものではない

俗名で葬儀をし、後ほど戒名をもらうことも

戒名はできれば納棺まで、遅くとも葬儀までにはつけていただくことが多いようです。ただ、故人の宗派が分からなかったり、菩提寺が遠方にあって別の寺で葬儀を営む場合などは、俗名で葬儀を行なうこともあります。後日、菩提寺に戒名をつけてもらうこともできますので、慌てる必要はありません。

故人が「戒名は要らない」なら

葬祭のあり方が多様化してきた現代では、生前に「戒名不要」を言付けたり、「自ら戒名をつけようとする・選ぼうとする」方も少なくありません。その意志を尊び、俗名や自ら選んだ戒名で葬儀を行なう例もあるようです。ただし菩提寺の方針にもよりますから、できれば生前からよく相談しておくといいでしょう。

サイトマップ
ページのTop(一番上)へ