会葬御礼とは? 会葬御礼を正しく理解しましょう

会葬御礼とは、通夜や葬儀に足を運んでいただいた弔問客に対して、お礼として差し上げる品のことです。最近では会場で手渡しすることがほとんどです。香典の有無に関わらず、皆様に同じものを用意します。

500〜1,000円程度の品物を箱に入れて包み「御会葬御礼」のカードとお清め塩を添えた会葬御礼品

香典返しとの違いとは

香典返しとはお香典に対する御礼です。それに対して会葬御礼は、わざわざ時間を割いて参列いただいた行為に対する御礼となります。

通夜や葬儀の際に会葬御礼のみをお返しする場合は、後日あらためて香典返しをするのが一般的ですが、最近は会葬御礼と一緒に香典返しを差し上げる「即日(当日)返し」が広まりつつあります。

会葬御礼のお品とは

会葬御礼は、一般的にハンカチやお茶、のりなど500円〜1,000円程度の品物と清めの塩にあいさつ状を添えてお渡しします。あいさつ状は、会葬へのお礼と書面でのあいさつになることへのお詫びのみを手短にまとめた葉書や二つ折りのカードを添えます。

会葬御礼は、通夜や葬儀までの間に用意しなければなりません。ほかにも決めること、考えなければならないことが多いため、葬祭業者に頼み、すぐに用意できるものから選ぶことがほとんどのようです。

サイトマップ
ページのTop(一番上)へ