【2021年最新版】香典返しにおすすめのタオルTOP5!タオルを贈る時の注意点も解説!

香典返し・法要返しの引き出物にタオルを贈る時の注意点は?人気商品もご紹介!

香典返し・法要返しの引き出物として定番の「タオル」。

実用性が高く人気の「タオル」ですが、色やデザイン、ブランドなど選択肢が多岐にわたり、何を選べば良いか悩む方も多いのではないでしょうか?

ここでは、香典返し・法要返しの引き出物として人気があるタオルと贈る際に注意したいポイントをご紹介します。

香典返しにタオルを贈る意味・由来とは

香典返し・法要返しとして「タオル」が選ばれる理由をご存知でしょうか?

香典返しは不祝儀に対するお返しなので、不幸を残さないという意味で、あとに残らない「消えもの」が好まれます。
特に、食べてなくなる、飲んでなくなる「飲食料品」、使ってなくなる「日用品」などが「消えもの」として香典返しの定番になっています。

日用品の中でも人気のある「タオル」は、実用的なだけでなく、悲しみを拭い去るという意味も込められており、香典返しとして選ばれることが多いです。

由来は諸説ありますが、故人が旅立つときに身に着ける白装束にちなんで、白のタオルやシーツなどは、古くから香典返しの品物として選ばれていたようです。

香典返しでタオルを贈る際に気をつけること

柄は無地、色は落ち着いたものがおすすめ

香典返し・法要返しの品物ゆえに落ち着いたものを選ばないといけない、という決まりはありませんが、贈り先様の好みがはっきりしない場合は、あまり派手な柄物や色合いのタオルは避けた方が無難でしょう。

包装紙の選び方、掛け紙の書き方

基本的に香典返し・法要返しの品物には「仏包み」の包装紙を選びます。
「仏包み」とは、左側の紙を箱の中心に合わせてから右、左の順に紙を合わせる、正面から見たときに包装紙の紙の左側が上になる包み方です。
また、香典返しなどの弔事の贈り物には通常の熨斗(のし)ではなく、「掛け紙」を選びましょう。
水引は、「黒白結び切り」が一般的ですが、「黄白結び切り」を選ぶ地域もあります。
地域や宗教によって異なる場合もありますが、香典返しの場合、表書きには「志」、水引の下に「贈り主の名前(「○○家」、または喪家の姓)」と書くのが一般的です。

包装紙の選び方、掛け紙の書き方

挨拶状で感謝を。

香典返し・法要返しの品物を贈る際には、挨拶状も添えるのがマナーです。
挨拶状には、弔事がとどこおりなく終了したご報告と会葬でお世話になった方々への御礼を記します。

香典返しにバスタオルはあり?

香典返しに贈るものを考えるとき、「バスタオルは大丈夫だろうか?」と悩まれる方も多いかと思います。

結論からお伝えしますと、問題はありません。

先ほどもお伝えしたように、香典返しによく選ばれるのはいわゆる「消えもの」と呼ばれる品です。もともと「消えもの」とは、「使うことにより消えてなくなる小道具」のことを指す演劇用語でした。そのため食べ物も「消えもの」にあたります。タオルの場合は「消耗品」という意味でこのカテゴリーに分類されるようです。
さらに、タオルには「不幸を拭い去る「悲しみを包み込む」という意味がこめられているとも言われており、香典返しとしてはとてもポピュラーな品物なのです。

タオルセット?1枚を贈るべき?

さて、いざバスタオルを贈ろうとなった際、次に気になってくるのは、贈るタオルの枚数になるのではないでしょうか?
基本的には、相手のライフスタイルに合わせた枚数を贈るべきでしょう。タオルは消耗品である分、世帯規模によって消耗頻度が高くも低くもなります。一人暮らしの方に大きなタオルセットを贈っても場違いでしょうし、お子様のいる家族の方に1枚だけというのは控えたですね。

慶事のように奇数にこだわる必要もありませんので、相手に合わせたものを選ぶことが重要になります。

タオル以外にもカタログギフトを贈っても大丈夫?

人によっては、タオルだけを贈るのでは味気ないので、カタログギフトをセットにして贈りたいという方もいらっしゃるようです。

タオルそのものが1枚〜と小規模単位で贈ることができる品物のため、プラスアルファで、相手の好きなものを選んで欲しいという心遣いが伝わる良い選択肢であると言えます。
リンベルでは、「大人のための雑誌」として知られている『サライ』とのギフトセットをご用意しております。一味違う「タオルギフト」としておすすめです。

おすすめのセットギフト

香典返し・法要返しにおすすめのリンベルのタオル

リンベルでは、素材や色・大きさ・質感など、豊富な種類のタオルを取り揃えています。
価格帯も様々なので、予算や贈り先様に合ったタオルをお選びいただけます。

もっと見る>

有名ブランド「今治タオル」もおすすめ

香典返しはもちろんのこと、様々な用途で贈り物として選ばれている「今治タオル」。
今治タオルが選ばれる理由は、厳しい基準のもとにつくられた確かな品質にあります。
一度使うと分かるタオル本来の「吸水性」は、喜ばれるポイントです。

今治タオルをもっと見る>

リンベルのギフトは送料無料?

贈り物を贈る上で、送料は気に留めておきたい大事な点です。

リンベルなら、3,960円(税抜:3,600円)以上のご購入で送料が無料になります。豊富なカタログギフトをお選びいただけますので、ご予算に合わせてお選びいただけます。

まとめ

香典返し・法要返しのタオルをお選びいただく際の参考になりましたでしょうか?
リンベルでは様々な価格帯の商品をご用意しておりますので、予算と贈り先様の好みに合わせてお選びいただけるはずです。
デザインやブランドで悩むときは、是非ランキングなども参考に検討してみてください。

香典返しは、お通夜や葬儀で故人にお供えいただいた香典へのお返しですので、
贈り先様に合った品物をきちんとマナーを守ってお贈りし、感謝の気持ちを表現しましょう。

また、香典返しの贈り先様のご住所が分からない場合は、
リンベルが無料で提供している「あとらくギフト」を是非ご活用ください。
あとらくギフトは、SNSなどのメッセージ機能でURLを送るだけでギフトをお贈りすることができるので、香典返しの品物もスマートにお贈りできます。

その他の活用方法でも、商品は奥さまが選び、旦那さましか知らない親戚の住所情報などをPCに入っているデータから入力してもらう事といった事も可能です。

詳しくはこちらをチェック>

また、実際にご覧いただきたい方は直営店でもご覧いただく事ができます。香典返しにお悩みの方は、専門コンシェルジュが接客しますので、どうぞお近くにお住まいの方はご来店ください。

また、実際にカタログギフトをご覧いただきたい方は直営店もございます。カタログギフトについてお悩みの方は、専門コンシェルジュが接客しますので、どうぞお近くにお住まいの方はご来店ください。

HINKA RINKA 店舗情報
終活/葬送プランナー推薦手間いらずの香典返しカタログギフトの購入はこちら )
終活/葬送プランナー推薦手間いらずの香典返しカタログギフトの購入はこちら )