イラスト:表彰をされながら、金一封の使いみち(旅行、グルメ、買い物など)に思いを馳せる女性社員

【法人向け】永年勤続表彰の「記念品」と「相場」

長年勤めた人へ感謝の気持ちとして、企業から記念品や賞与が贈られる「永年勤続表彰制度」。見える形で感謝を伝えられるのは社員にとってもうれしく、やりがいにつながります。離職率低下にもつながると言われているため、導入しようと考えている会社も増えているようです。

イラスト:昔の苦労話を織り交ぜながら祝辞を述べる社長と、目を潤ませながら聞いている永年勤続表彰者の社員。

文例でチェック! 永年勤続の祝辞、失礼にならない言葉遣いを覚えよう

身内や会社の上司、先輩などの永年勤続された方に対して、これまでの苦労をねぎらうと共に今後の活躍や健康などを願い、祝辞を述べる機会があるかもしれません。そのような場合、どういった言葉で気持ちを伝えれば良いのでしょうか。具体的な文例を紹介しますので、永年勤続の祝辞について見ていきましょう。

上司から表彰状を受け取ろうとしているサラリーマンが、トロフィーや酒類、温泉など、記念品について想像している様子。

長年会社に貢献してくれた永年勤続表彰者へ贈る記念品とは?

長年会社に貢献してくれた社員の方へ感謝の気持ちを表す、永年勤続表彰。勤続5年、10年、15年など年数は企業によって異なりますが、ほとんどの企業は表彰とともに記念品を贈呈しています。今回は永年勤続表彰で喜ばれる記念品や相場について紹介します。

ページのTop(一番上)へ