喪中見舞い

喪中見舞いはいつ贈ったらいい?何を贈ったら喜ばれる?相場は?お礼状はどう書いたらいい?どんなのしを選んだらいい?
従来、「喪中はがき」をいただいたら、年明けに「寒中見舞い」でお返事することが習慣でした。
しかし最近では、年をまたいでのごあいさつは遅いのでは…ということで、
早めのお返事として「喪中見舞い」を贈る方も増えています。
マナーやトレンドのポイントをしっかりおさえておけば、ギフト選びはとても楽しくなります。
ギフトコンシェルジュは、喪中見舞いに関するさまざまなお悩みを解決するお役立ち情報をわかりやすく解説します。

イラスト:喪中ハガキが届いた日からお正月の間の期間を差して「『年明けを待たずにお悔やみを伝えたい』そんな時は喪中見舞いをおくります」とコンシェルジュ

【文例付き】喪中の方へ送る「喪中見舞い」の意味とマナー

お付き合いのある人から「喪中はがき」が届いたら、気遣いやお悔やみの気持ちを伝えるために「喪中見舞い」を送ることがあります。ご不幸があったご遺族に送るものとなるので、どんなことに気をつけたらよいか悩んでしまいますよね。ここでは、「喪中見舞い」を送るときに気をつけたいマナーを文例とともにご紹介します。

イラスト:「おかげさまでだいぶ落ち着きました」と書かれた寒中見舞いをもらって「お元気そうでよかった」とホッとする年配の女性。

【文例付き】寒中見舞いをもらったらどんな返信が良いの? 寒中見舞いの返信マナー

年賀状を出さなかった相手から寒中見舞いが届いて、どのような返信をすれば良いか困ったという経験はないでしょうか。寒中見舞いは相手の健康を気遣う目的以外に、喪中のあいさつ代わりにやり取りすることもあります。ここで文例を挙げながら、返信として出す寒中見舞いの書き方について紹介します。

ページのTop(一番上)へ