香典返し

香典返しはいつ贈ったらいい?何を贈ったら喜ばれる?相場は?お礼状はどう書いたらいい?どんなのしを選んだらいい?香典をいだいた方に感謝の気持ちを伝えるための香典返しで、マナーやトレンドのポイントをしっかりおさえておけば、ギフト選びはとても楽しくなります。ギフトコンシェルジュは、香典返しに関するさまざまなお悩みを解決するお役立ち情報をわかりやすく解説します。

香典返しの特集ページはこちら

イラスト:卒塔婆や位牌、「居士」「信女」「阿」「空」「釈尼」などの戒名にはいる文字を思い浮かべつつ悩む喪服の女性

【仏式】戒名の意味 戒名不要や自分で付ける際に注意すること

仏式の葬儀などでよく耳にする「戒名」。戒名を付けることに、どのような意味があるのでしょうか。本記事では、戒名の意味や位、宗派別の特徴など、戒名について知っておきたいポイントをご紹介します。

忌服(きふく)と忌引(きびき)休暇についてのイメージイラスト

忌服(きふく)と忌引(きびき)休暇について

冠婚葬祭の基礎知識について。いまさら聞けない基本的なことなど、知りたい情報をお知らせしていきます。今回は、忌服(きふく)と忌引(きびき)休暇についてご案内いたします。

お茶のイメージイラスト

お茶について

冠婚葬祭の基礎知識について。いまさら聞けない基本的なことなど、知りたい情報をお知らせしていきます。今回は、お茶についてご案内いたします。

神式の法要についてのイメージイラスト

神式の法要について

冠婚葬祭の基礎知識について。いまさら聞けない基本的なことなど、知りたい情報をお知らせしていきます。今回は、神式の法要についてご案内いたします。

香典返しのトレンド

イラストグラフ:喪中見舞い 贈っているのはどんなもの?ベスト5グラフ

実際にもらった方に聞いた
喪中見舞いのお品と相場2021

喪中はがきをいただいた方に対してのお返事として、故人を偲び、お悔やみの気持ちを伝える喪中見舞い。今回は、そんな喪中見舞いのお供え物・お香典について、実際に喪中見舞いを受け取った方々に実施したアンケート調査をもとに、「喪中見舞いに選ばれるお品」のランキングや「喪中見舞いの相場」などをご紹介します。

イラスト:葬儀の帰り道。若者が「お茶かぁ、うち急須ないんですよね」と言うと、先輩が「お茶パックを使うとマグカップでも淹れられるよ。」とアドバイス。

香典返しの定番! お茶が選ばれる理由とは

日本では一般的にお通夜や葬儀で香典をいただいた方に対し、香典返しをお礼の品として贈ります。お茶はよく香典返しの品として選ばれますが、お茶が選ばれる理由や意味について疑問を持つ方も多いのではないでしょうか?こちらでは香典返しの「お茶」の意味やおすすめの贈り方などについて解説します。

香典返しによく使われる品物のイメージイラスト

香典返しによく使われる品物

冠婚葬祭の基礎知識について。いまさら聞けない基本的なことなど、知りたい情報をお知らせしていきます。今回は、香典返しによく使われる品物について、ご案内いたします。

香典返しのマナー

イラストグラフ:香典返しの相場は?

実際にもらった方に聞いた
香典返しのお品と相場

弔事の際、お通夜や葬儀、告別式などで故人にお供えいただいたお香典に対する御礼としてお贈りする香典返し。ここでは、そんな香典返しを実際に受け取った方を対象とした調査に基づき、相場や選ばれているお品のランキング、定番品となっているカタログギフトの印象など、昨今の香典返し事情をご紹介します。

イラスト:斎場の受付。香典返しを渡そうとする受付担当者に「会社からですので結構です」と辞退の旨を伝える参列者

会社や上司、取引先から香典をいただいたら香典返しはどうするの?

家族や親族が亡くなった場合、会社の方や取引先から香典をいただくことがありますが、香典返しの作法をよく知らないという方も多いのではないでしょうか。ここでは、会社や取引先への香典返しの選び方や渡し方、相場、のしの書き方、お礼状などについて解説していきます。

イラスト:キリスト教と仏式のご祝儀袋を指さしながら「香典袋は“表書き+水引”の組み合わせ。宗教・宗派に合わせて選びましょう」と言うコンシェルジュ

お葬式の香典マナー 葬儀用封筒(香典袋)の書き方・選び方

突然の訃報が入ったら、お葬式に行く前に香典の準備が必要です。しかし葬儀用封筒の種類が多くて、どれを選べばいいかわからなかったという経験がある方も多いのではないでしょうか。香典袋は宗教や宗派によって封筒の種類や表書きが異なります。それぞれの宗教に合わせた選び方を覚えておきましょう。

イラスト:本を読みながら「『葬祭』って、なんでめでたくないのに『祭』って書くんだろう?」と不思議がっている中学生。父親が「祭ってのは、楽しいやつだけじゃないんだよ」と答えている。

大人なら知っておきたい、冠婚葬祭の漢字が持つ意味と行事

冠婚葬祭と聞けば、結婚式やお葬式などの行事を思い浮かべる方は多いでしょう。しかし、「婚」と「葬」以外の漢字はどのような行事なのかご存知でしょうか。今回は改めて、冠婚葬祭の意味と当てはまる行事についてご紹介していきます。

イラスト:会葬御礼を指さしながら「家族葬では香典辞退が一般的。当日は会葬御礼を用意します。もし香典をいただいたら、後日香典返しを贈ります。」とコンシェルジュ。

家族葬の香典返しのマナー。贈る時期や相場、相応しい品物は?

家族葬とは、近親者やごく親しい友人のみで行う葬儀こと。近年、増加傾向にある家族葬は、新型コロナウイルスを想定した「新しい生活様式(厚生労働省)」によってさらに増加すると予想されます。ここでは家族葬の香典返しの相場や品物について解説します。

イラスト:「御霊前/○○株式会社○○部一同」と書かれた結び切りの香典袋。「金参萬円」と書かれた内袋には吹き出しで「合計金額を書きます」個人名が書かれた別紙の左端を指差し「香典返しを辞退する場合は、その旨コメントを書きます」と、コンシェルジュ。

連名で包む香典、金額の相場、熨斗(のし)の書き方などマナーを解説

故人に対する気持ちを込めてお供えする香典。友人や家族、会社などの組織や故人との関係によっては連名で包む場合もあるでしょう。連名で包む場合、熨斗(のし)の書き方や金額は人数によって異なるのでしょうか。ここでは連名で香典を包む場合に押さえておきたいポイントをご紹介します。

イラスト:喪家にて香典返しカタログを見ながら「香典返しはどうしましょう」と義母に相談する若い嫁。義母は「おばあちゃんが好きだったお茶とコーヒーにしましょう。当日返しでいいわ」とサバサバ決めていく。

香典返しの「当日返し」と「後返し」の違い。メリット、デメリットも確認しよう

通夜や葬儀で香典をくださった方にお渡しする香典返し。香典返しには、「当日返し(即日返し)」と「後返し」の2種類の贈り方があります。いざという時に迷わないよう、それぞれの特徴やメリット、デメリットを、ここでしっかり押さえておきましょう。

イラスト:喪中ハガキが届いた日からお正月の間の期間を差して「『年明けを待たずにお悔やみを伝えたい』そんな時は喪中見舞いをおくります」とコンシェルジュ

【文例付き】喪中の方へ送る「喪中見舞い」の意味とマナー

お付き合いのある人から「喪中はがき」が届いたら、気遣いやお悔やみの気持ちを伝えるために「喪中見舞い」を送ることがあります。ご不幸があったご遺族に送るものとなるので、どんなことに気をつけたらよいか悩んでしまいますよね。ここでは、「喪中見舞い」を送るときに気をつけたいマナーを文例とともにご紹介します。

イラスト:後日弔問で仏壇に香典を供える男性

葬儀・通夜に出られない場合は?失礼にならない香典の渡し方

親しい方の葬儀・通夜でも、事情があって出られないということはあるでしょう。せめて香典だけでも渡したいというとき、どのように対応すれば良いのでしょうか。通夜・葬儀という重要なお別れの場面だからこそ失礼にならないように、参列できない場合の香典の渡し方を覚えておきましょう。

イラスト:年始状と寒中見舞いハガキ例を見ながら「年始状は喪中の方へ出しても構いませんが、最近では「寒中見舞い」が主流になっています」とアドバイスするコンシェルジュ。

お相手が喪中の場合、どうすればいいの? 年賀状の基本マナー

いつも年賀状を送っている相手から、喪中の知らせが届いた場合や、年賀状を出してから相手が喪中だと知った場合。果たして、どのように対応するのが正しいのでしょうか。年賀状の代わりに何か便りを出すべきなのか、内容はどうするべきなのか。ここで、お相手が喪中の場合の基本マナーをおさらいしておきましょう。

仏壇に安置する本位牌の準備は四十九日までに済ませます、と説明するコンシェルジュ

四十九日の法要に向けて、どんな準備が必要?

故人が亡くなって49日目に行われる四十九日の法要。慌てずスムーズに行うために、事前にどんな準備をしておけばよいのでしょうか? 葬儀後すぐから、四十九日の法要(忌明け)までに必要な準備を理解しておきましょう。

御霊前と御仏前の不祝儀袋、使い分け方図解

失礼にならないように!必ず知っておきたい「御霊前」と「御仏前」の違い

お葬式に行くからには知っておきたい御霊前と御仏前の違い。四十九日前か後か、また宗派によっても異なります。知らなかったからといって間違えてしまうと、失礼になってしまうことも。どんな違いがあるのか、詳しく解説していきましょう。

500〜1,000円程度の品物を箱に入れて包み「御会葬御礼」のカードとお清め塩を添えた会葬御礼品

会葬御礼とは? 会葬御礼を正しく理解しましょう

通夜や葬儀に参列された弔問客に対して、お礼状と一緒にお渡しする品を会葬御礼といいます。慣れない葬儀の準備で、香典返しと混同して相場感の異なるものを選ばないよう、解説していきます。

風呂敷につつまれた香典返しの品を指差し「忌明けに持参、もしくはあいさつ状とともに配送します」と説明するコンシェルジュさん

香典返しとは?時期や金額相場のマナーを解説

香典返しはいつお渡しするのがよいでしょうか。また、「香典返しは必ず行わなければいけないのか」と疑問をお持ちの方がいるかもしれません。「香典返しをしない」場合もあるのでしょうか。ここで詳しくご紹介いたします。

香典返しの贈り先

高額の香典を手に、年配の親戚に「どうすれば?」と尋ねている若い女性

親族・親戚の香典返しは、どうしたらいい?

親族・親戚からの香典やお供えのお花など、葬儀に際して、近しい間柄で今後もお付き合いがある方々からいただいた金品へのお返しについて紹介します。冠婚葬祭はもちろん、日頃からお世話になることも多い方々ですので、気持ちよくお付き合いしたいものです。

香典返しのマナーイラスト

「会社にはお返しすべき?」など、香典返しのマナー

勤め先や取引先の方が葬儀にご列席くださったり、連名でお香典をいただいたり。そんなときにスマートにお返しをする方法やタイミングを、ギフト コンシェルジュが丁寧に解説します。きちんとマナーを踏まえたお返しをすることで、故人を偲び、思い出を共有できるはずです。

ページのTop(一番上)へ