寒中見舞い

イラスト:通常の寒中見舞いハガキと、喪中の寒中見舞いハガキを見ながら「喪中のご報告を兼ねる場合は、落ち着いたデザインを選びましょう」とアドバイスするコンシェルジュ。

【文例付き】寒中見舞いの書き方を正しく理解しよう

小寒から立春までの寒中に、季節のあいさつや便りとして送られる寒中見舞い。年賀状の時期と近いため、寒中見舞いを出したことのない方もいらっしゃるのではないでしょうか。いざ寒中見舞いを出そうと思ったときに困らないように、寒中見舞いの書き方と例文を確認してみましょう。

寒中見舞いの時期(1月7日過ぎ~2月4日頃)、余寒見舞いの時期(2月5日頃~2月下旬)」をカレンダーを使って説明するギフトコンシェルジュ

知らないと恥をかくかも!? 寒中見舞いの出し方や時期

夏の暑中見舞いは出していても、冬のあいさつといえば年賀状だけで、「“寒中見舞い”はこれまで出したことがない方も多いでしょう。そのような寒中見舞いについて、出し方や時期など最低限のマナーをご紹介します。恥ずかしい思いをしないよう、理解しておきましょう。

ページのTop(一番上)へ