お見舞い

イラスト:避難所の見舞い品がぎっしり詰まった段ボールの側で、見舞状を読んで送り主を思い浮かべる被災した年配女性

【文例付き】慰めや励ましの気持ちを伝える災害見舞いの書き方

地震や水害、火災といった災害は、いつ、誰の身に起きるかわかりません。もし親しい方が災害にあわれた場合、気持ちを癒やそう、元気づけようと災害見舞いの手紙を送ろうと考える方もいらっしゃるでしょう。ただ、災害見舞を書く上での注意点もあります。いくつか文例を紹介しますので、慰めや励ましの気持ちがきちんと伝わる災害見舞いの書き方を学んでおきましょう。

お見舞い、と書かれた紅白結びきりののし袋を指差しながら「のしマークのないものを選びましょう」と言うギフトコンシェルジュ(右側には、のしマーク付きの紅白結びきりののし袋に×印)

かえって失礼にならないように! お見舞金の包み方やマナーを覚えよう

病気やけがなどで入院した方のお見舞いに行く際、役立ててほしいという思いから、お見舞金を渡す方も多いです。ただし、お見舞金には包み方や渡す方法など、気を付けておきたいマナーがたくさんあります。知らずにお相手に残念な思いをさせてしまわないように、お見舞金のマナーを確認しましょう。

病室にいる母親と、電話でお見舞い品(お茶や水、果物)について話をしている娘

突然のことでも慌てない! 病気・入院のお見舞いにおすすめの品とその相場

知人や親しい方の入院を聞いたら、時間を見つけてお見舞いに伺う人も多いでしょう。そんなときは、お見舞いの品を持参すると喜ばれます。病気見舞いに何を持参すればよいのか、間柄に応じた相場を踏まえながら、事前に把握しておきましょう。

ページのTop(一番上)へ