手土産・プチギフト

手土産・プチギフトに喜ばれるおすすめアイテムは何?相場は?お世話になった方に日頃の感謝の気持ちを伝えるための手土産で、マナーやトレンドのポイントをしっかりおさえておけば、ギフト選びはとても楽しくなります。ギフトコンシェルジュは、手土産に関するさまざまなお悩みを解決するお役立ち情報をわかりやすく解説します。

プレゼントを渡しながら、友人に使ってもらっているところ(バスタイムに、バスボムで泡風呂を楽しむようす)を想像する女性。

【男女別】ちょっとしたお礼に最適なプチギフト選び

特別な日でなくても、ささやかなお礼にギフトを贈るタイミングは少なくありません。高価なギフトを贈ると、かえって相手に気を使わせてしまいます。そのようなときに、プチギフトはいかがでしょうか? ここでは、男女別のおすすめプチギフトをご紹介します。

タクシーを止めて、乗り込む前のあいさつをしようとする取引先に「袋のままで失礼します。心ばかりですが、当社の近くで評判の品でして」と紙袋を差し出す中堅どころの社員

接待で喜ばれる手土産と持参する際に心得ておきたいマナー

大切な取引先との接待の場では、手土産を持参するケースが少なくありません。手土産を渡す際にも、ビジネスの場においては守りたいマナーがあります。どのような手土産を、いつ、どのようにお渡しすれば良いのか、お相手に失礼のないように心がけたいところです。接待時の手土産について、基本マナーを押さえておきましょう。

「(縁起物の)最中です」と、パートナーの両親に手土産を渡す若い女性とそれを見守るパートナー

好印象を得るためには?結婚あいさつで持参する手土産の選び方とマナー

ふたりの結婚が決まったら、双方のご両親へ結婚報告のあいさつに伺います。これまでに何度も顔を合わせて見知った間柄であったとしても、これからの人生を共に歩むパートナーの親御さんですから、手ぶらで伺うわけにはいきません。今回は、結婚あいさつにおける手土産の選び方と渡し方のマナーについて紹介します。

「ショートケーキ味」と書かれたカップ麺をもらって驚く男性と「食べたら感想を聞かせてね」と盛り上がるパーティーの参加者

500円~1000円台のプレゼント交換! おすすめのプチギフトの選び方

パーティーでよく行われるプレゼント交換。うれしいけれども、実はプレゼント選びが悩ましいという方は多いようです。誰が受け取るかわからないプレゼントなので、誰もがもらってよかったと思えるものを選びたいものです。プレゼント交換におすすめのプチギフト、その選び方についてご紹介します

電話で手土産のリクエストを聞くゲスト。電話の向こうで「ピザをメインにする」と話しているホストに対して、ゲストは「じゃあサラダを多めに持っていくね」と提案している。

ホームパーティに呼ばれたら!?恥ずかしくない手土産の選び方

ホームパーティは楽しくワクワクするものですが、お相手が自宅のスペースや設備を提供してくれるパーティの場合は、招かれた方としてはやはり何か手土産を持って行くのがマナーです。では、いったいどのようなものを持っていけば喜ばれるのでしょうか。ここでは、ホームパーティに適した手土産の選び方についてお伝えします。

お彼岸の手土産の品を見ながら「相場は3〜5000円くらいです」と言うギフトコンシェルジュさん

お彼岸とは? 親戚同士でも心得ておくべきマナーや手土産の相場

春と秋に訪れる「お彼岸」。毎年、お墓参りに行くという方が多いことでしょう。なかには、親戚で集まるという方がいるかもしれません。お彼岸には、心得ておくべきマナーがあります。たとえ実家への帰省であっても、手土産くらいは持参したいものです。ここではそんなお彼岸の時期や意味、手土産の内容や相場、マナーなどを見ていきましょう。

玄関口でのあいさつ風景。「子供が小さいのでお騒がせするかも……」と恐縮する新住民に「それはお互いさまよ」と寛容に迎える旧住民。

引越しのあいさつのマナーとは?どんな手土産が喜ばれる?

進学や転勤、あるいは結婚など、さまざまな理由で引越しの機会は訪れます。新しい場所に住む場合には、周辺住民の皆さんへあいさつに回るのがマナー。そしてその際、手土産を持参することが一般的です。ではいったい、どんな手土産が適しているのでしょうか。定番や相場などから見ていきましょう。

一生懸命イベントの設営をしている取引先に、栄養ドリンクの手土産を持参した若手。取引先に「気が利くねぇ!」と喜ばれている。

ビジネス・取り引き先に手土産が必要になるシーンと、手土産選びのポイント

取り引き先へのあいさつをはじめ、仕事ではなにかと手土産が必要となるシーンが多いもの。ではいったい、どんなとき、どんな手土産が適しているのでしょうか。手土産選びのポイントを踏まえながら、いくつかシーン別でご紹介します。

サイトマップ
ページのTop(一番上)へ