香典返し

香典返しはいつ贈ったらいい?何を贈ったら喜ばれる?相場は?お礼状はどう書いたらいい?どんなのしを選んだらいい?香典をいだいた方に感謝の気持ちを伝えるための香典返しで、マナーやトレンドのポイントをしっかりおさえておけば、ギフト選びはとても楽しくなります。ギフトコンシェルジュは、香典返しに関するさまざまなお悩みを解決するお役立ち情報をわかりやすく解説します。

仏壇に安置する本位牌の準備は四十九日までに済ませます、と説明するコンシェルジュ

四十九日の法要に向けて、どんな準備が必要?

故人が亡くなって49日目に行われる四十九日の法要。慌てずスムーズに行うために、事前にどんな準備をしておけばよいのでしょうか? 葬儀後すぐから、四十九日の法要(忌明け)までに必要な準備を理解しておきましょう。

御霊前と御仏前の不祝儀袋、使い分け方図解

失礼にならないように!必ず知っておきたい「御霊前」と「御仏前」の違い

お葬式に行くからには知っておきたい御霊前と御仏前の違い。四十九日前か後か、また宗派によっても異なります。知らなかったからといって間違えてしまうと、失礼になってしまうことも。どんな違いがあるのか、詳しく解説していきましょう。

500〜1,000円程度の品物を箱に入れて包み「御会葬御礼」のカードとお清め塩を添えた会葬御礼品

会葬御礼とは? 会葬御礼を正しく理解しましょう

通夜や葬儀に参列された弔問客に対して、お礼状と一緒にお渡しする品を会葬御礼といいます。慣れない葬儀の準備で、香典返しと混同して相場感の異なるものを選ばないよう、解説していきます。

風呂敷につつまれた香典返しの品を指差し「忌明けに持参、もしくはあいさつ状とともに配送します」と説明するコンシェルジュさん

香典返しを渡す時期はいつ? お返しをしない場合のマナーとは?

香典返しはいつお渡しするのがよいでしょうか。また、「香典返しは必ず行わなければいけないのか」と疑問をお持ちの方がいるかもしれません。「香典返しをしない」場合もあるのでしょうか。ここで詳しくご紹介いたします。

遺品を見ながら呆然としている遺族に「あれも決めないと…」と声をかける葬祭業者

葬式・葬儀から四十九日まで、知らないと恥ずかしい流れと心構え

葬儀を執り行うことになった場合を想定し、あらかじめ手順や手続きを確認しておくと安心です。葬儀はもちろんですが、一般には四十九日までさまざまな対応に追われることとなるでしょう。ここでは一般的な葬儀から四十九日までの流れについて、その方法と心構えを取り上げます。

喪服を着た、位牌をもった年配の女性と遺影を持った若い男性のイラスト

いざというとき慌てない! 喪主の意味と決め方を覚えておこう

喪主とはなにを意味し、どういう人が務めるべきなのでしょうか。いざというときに混乱しないため、そして、故人をしっかりと送り出すために、その意味や決め方についてご案内します。

長寿銭と書かれた紅白水引ののし袋と、穴に紅白のひもを通した5円玉のイラスト

葬儀でいただく長寿銭の使い方・意味とは?

地域によっては葬儀でいただくことのある長寿銭。初めてもらって戸惑う方も多いかもしれません。今回は、長寿銭とは? について、いただいたあとはどうするべきか? など基本的な知識についてご案内します。

お礼状は、故人の信仰されていた宗派に合わせた文体で、と説明するコンシェルジュさん

キリスト教や天理教、宗派で変わる香典返しのお礼状マナー

香典返しは故人へお供えいただいたお香典に対する感謝の気持ち。香典返しに添えるお礼状は故人の信仰されていた宗派のマナーにのっとり、適切な書き方を心がける必要があります。仏教やキリスト教、神教など宗派によって異なるお礼状の例文を紹介します。

遺骨、遺影、白木の位牌を安置した中陰壇(後飾り壇)を指さして「七七日(四十九日)までは中陰壇にお参りします」とコメントするギフトコンシェルジュさん

初七日から始まる「忌日法要」の供養方法・心得とは

初七日の法要の後、二七日、三七日、四七日、五七日、六七日を経て、七七日(四十九日)をもって忌明けとなります。故人が亡くなってから七日ごとの忌日に行われる忌日法要の意味と忌明けまでの遺族の心得についてご案内いたします。

香典返しのタブー品を思い浮かべる喪服の女性

ご存知ですか? 香典返しにお贈りしてはいけないもの

香典返しは、お通夜や告別式で故人にお供えいただいたお香典に対するお返しです。香典返しをお贈りする時期や相場については広く知られていますが、お贈りする品物によっては相手に不快な印象を与えてしまうことをご存知でしょうか?今回は香典返しでNGなものとその理由について紹介します。

宗教、宗派による香典袋の違いを図解

香典袋(不祝儀袋)の種類、書き方、お金の入れ方など、知っておくべき基礎知識

香典袋(不祝儀袋)が急に必要になることもあると思いますが、マナーやしきたりはしっかりと覚えておいて、急な場合でも慌てず失礼がないように対応しましょう。選び方、書き方、お金の入れ方、宗派による違いなど香典袋の基礎知識についてご案内します。

忌中/喪中の違いを図解

忌中と喪中の範囲・期間の違いとは? 忌明けまでの過ごし方

「喪中」については知っている方も多いと思いますが、喪中と忌中の違い、また、忌明けについてはご存じですか? 忌中の意味や期間、マナーや過ごし方、避けるべきことなどについてご紹介します。

手紙に添えられた子どもの写真を見て涙ぐむ老紳士

高額な香典をいただいた時の香典返しのマナー

「生前、故人にとてもお世話になった」という方や、「遺された家族を援助したい」という方から、1万円をこえるような高額な香典をいただくことがあります。そういった場合の香典返しはどのようにしたらいいのでしょうか? お気持ちへの感謝が伝わる香典返しのマナーをギフトコンシェルジュがご案内します。

高額の香典を手に、年配の親戚に「どうすれば?」と尋ねている若い女性

親族・親戚の香典返しは、どうしたらいい?

親族・親戚からの香典やお供えのお花など、葬儀に際して、近しい間柄で今後もお付き合いがある方々からいただいた金品へのお返しについて紹介します。冠婚葬祭はもちろん、日頃からお世話になることも多い方々ですので、気持ちよくお付き合いしたいものです。

香典返しのトレンド

香典返しによく使われる品物のイメージイラスト

香典返しによく使われる品物

冠婚葬祭の基礎知識について。いまさら聞けない基本的なことなど、知りたい情報をお知らせしていきます。今回は、香典返しによく使われる品物について、ご案内いたします。

香典返しのマナー

仏壇に安置する本位牌の準備は四十九日までに済ませます、と説明するコンシェルジュ

四十九日の法要に向けて、どんな準備が必要?

故人が亡くなって49日目に行われる四十九日の法要。慌てずスムーズに行うために、事前にどんな準備をしておけばよいのでしょうか? 葬儀後すぐから、四十九日の法要(忌明け)までに必要な準備を理解しておきましょう。

御霊前と御仏前の不祝儀袋、使い分け方図解

失礼にならないように!必ず知っておきたい「御霊前」と「御仏前」の違い

お葬式に行くからには知っておきたい御霊前と御仏前の違い。四十九日前か後か、また宗派によっても異なります。知らなかったからといって間違えてしまうと、失礼になってしまうことも。どんな違いがあるのか、詳しく解説していきましょう。

500〜1,000円程度の品物を箱に入れて包み「御会葬御礼」のカードとお清め塩を添えた会葬御礼品

会葬御礼とは? 会葬御礼を正しく理解しましょう

通夜や葬儀に参列された弔問客に対して、お礼状と一緒にお渡しする品を会葬御礼といいます。慣れない葬儀の準備で、香典返しと混同して相場感の異なるものを選ばないよう、解説していきます。

風呂敷につつまれた香典返しの品を指差し「忌明けに持参、もしくはあいさつ状とともに配送します」と説明するコンシェルジュさん

香典返しを渡す時期はいつ? お返しをしない場合のマナーとは?

香典返しはいつお渡しするのがよいでしょうか。また、「香典返しは必ず行わなければいけないのか」と疑問をお持ちの方がいるかもしれません。「香典返しをしない」場合もあるのでしょうか。ここで詳しくご紹介いたします。

遺品を見ながら呆然としている遺族に「あれも決めないと…」と声をかける葬祭業者

葬式・葬儀から四十九日まで、知らないと恥ずかしい流れと心構え

葬儀を執り行うことになった場合を想定し、あらかじめ手順や手続きを確認しておくと安心です。葬儀はもちろんですが、一般には四十九日までさまざまな対応に追われることとなるでしょう。ここでは一般的な葬儀から四十九日までの流れについて、その方法と心構えを取り上げます。

喪服を着た、位牌をもった年配の女性と遺影を持った若い男性のイラスト

いざというとき慌てない! 喪主の意味と決め方を覚えておこう

喪主とはなにを意味し、どういう人が務めるべきなのでしょうか。いざというときに混乱しないため、そして、故人をしっかりと送り出すために、その意味や決め方についてご案内します。

長寿銭と書かれた紅白水引ののし袋と、穴に紅白のひもを通した5円玉のイラスト

葬儀でいただく長寿銭の使い方・意味とは?

地域によっては葬儀でいただくことのある長寿銭。初めてもらって戸惑う方も多いかもしれません。今回は、長寿銭とは? について、いただいたあとはどうするべきか? など基本的な知識についてご案内します。

お礼状は、故人の信仰されていた宗派に合わせた文体で、と説明するコンシェルジュさん

キリスト教や天理教、宗派で変わる香典返しのお礼状マナー

香典返しは故人へお供えいただいたお香典に対する感謝の気持ち。香典返しに添えるお礼状は故人の信仰されていた宗派のマナーにのっとり、適切な書き方を心がける必要があります。仏教やキリスト教、神教など宗派によって異なるお礼状の例文を紹介します。

遺骨、遺影、白木の位牌を安置した中陰壇(後飾り壇)を指さして「七七日(四十九日)までは中陰壇にお参りします」とコメントするギフトコンシェルジュさん

初七日から始まる「忌日法要」の供養方法・心得とは

初七日の法要の後、二七日、三七日、四七日、五七日、六七日を経て、七七日(四十九日)をもって忌明けとなります。故人が亡くなってから七日ごとの忌日に行われる忌日法要の意味と忌明けまでの遺族の心得についてご案内いたします。

宗教、宗派による香典袋の違いを図解

香典袋(不祝儀袋)の種類、書き方、お金の入れ方など、知っておくべき基礎知識

香典袋(不祝儀袋)が急に必要になることもあると思いますが、マナーやしきたりはしっかりと覚えておいて、急な場合でも慌てず失礼がないように対応しましょう。選び方、書き方、お金の入れ方、宗派による違いなど香典袋の基礎知識についてご案内します。

忌中/喪中の違いを図解

忌中と喪中の範囲・期間の違いとは? 忌明けまでの過ごし方

「喪中」については知っている方も多いと思いますが、喪中と忌中の違い、また、忌明けについてはご存じですか? 忌中の意味や期間、マナーや過ごし方、避けるべきことなどについてご紹介します。

手紙に添えられた子どもの写真を見て涙ぐむ老紳士

高額な香典をいただいた時の香典返しのマナー

「生前、故人にとてもお世話になった」という方や、「遺された家族を援助したい」という方から、1万円をこえるような高額な香典をいただくことがあります。そういった場合の香典返しはどのようにしたらいいのでしょうか? お気持ちへの感謝が伝わる香典返しのマナーをギフトコンシェルジュがご案内します。

高額の香典を手に、年配の親戚に「どうすれば?」と尋ねている若い女性

親族・親戚の香典返しは、どうしたらいい?

親族・親戚からの香典やお供えのお花など、葬儀に際して、近しい間柄で今後もお付き合いがある方々からいただいた金品へのお返しについて紹介します。冠婚葬祭はもちろん、日頃からお世話になることも多い方々ですので、気持ちよくお付き合いしたいものです。

香典返しを商品券にするかカタログギフトにするか話し合う遺族

香典返しに商品券を贈ってもいい?

いただくと何かと便利な商品券やギフト券。贈るお相手のことを考えると喜ばれるお返しのように思えますが、香典返しを商品券にしても失礼にはならないのでしょうか? そんな疑問にギフトコンシェルジュがお答えします。

香典返しの贈り先

高額の香典を手に、年配の親戚に「どうすれば?」と尋ねている若い女性

親族・親戚の香典返しは、どうしたらいい?

親族・親戚からの香典やお供えのお花など、葬儀に際して、近しい間柄で今後もお付き合いがある方々からいただいた金品へのお返しについて紹介します。冠婚葬祭はもちろん、日頃からお世話になることも多い方々ですので、気持ちよくお付き合いしたいものです。

香典返しのマナーイラスト

「会社にはお返しすべき?」など、香典返しのマナー

勤め先や取引先の方が葬儀にご列席くださったり、連名でお香典をいただいたり。そんなときにスマートにお返しをする方法やタイミングを、ギフト コンシェルジュが丁寧に解説します。きちんとマナーを踏まえたお返しをすることで、故人を偲び、思い出を共有できるはずです。

123...4
サイトマップ
ページのTop(一番上)へ