結婚内祝い 両親や祖父母など身内に贈る場合

家族間での結婚祝い・結婚内祝いをするかどうかについては、家族との関係性や地域の慣習などによっても違ってきます。新しい家族に喜んでもらえるような、感謝の気持ちを表す「お礼」としてふさわしい贈り物とはどのようなものなのでしょうか。

家族みんなで結婚内祝いのカタログギフトを選んでいるイラスト

身内にとっての「結婚内祝い」とは

記念に残るものを選びたい

ご両親や祖父母といった近しい身内にとって、結婚内祝いは「家族が増えた記念品」の意味合いもあります。すぐになくなってしまう食品や消耗品よりは、長く使えるものや、記念にとっておけるものの方が喜ばれやすいようです。結婚式や家族の思い出を刻み込んだメモリアルグッズなども、家族ならではの素敵な結婚内祝いになるでしょう。

「選べるギフト」は一緒に選んで

カタログギフトやギフト券は一見味気ないようにも思えますが、工夫次第で家族の絆を深めることもできる贈り物。届けて終わりではなく、カタログを見て話をしながら「カタログから何を選ぶか」「ギフト券で何を買うか」一緒に選ぶ時間を作ってみましょう。きっと記念に残る使い方ができるはずです。

「結婚内祝い」で家族を安心させる

あえて「皆様と同じ品」を用意しても

新郎新婦の人間関係、特に親戚付き合いはご両親や祖父母にとっても当然気になるところ。身内にスペシャルな結婚内祝いを用意するのも素敵ですが、実は「皆様にはどんな内祝いをお贈りしたの?」と心配しているかもしれません。それに、新郎新婦がこだわりの品を選んだ場合など「家族も皆様と同じ品が欲しい」こともあります。あえて皆様と同じ品を贈り、「お付き合いも立派にこなしている」と安心してもらうのもひとつのアイディアです。

身の丈に合わせた結婚内祝いを選ぼう

身内からの結婚祝いは、儀礼的なことにもまして、新郎新婦を気遣い「新生活に役立ててほしい」という気持ちが大きいもの。「感謝しているから」「記念だから」と結婚内祝いにお金をかけすぎると、「新生活に使うお金はあるの?」と却って心配されかねません。手書きのメッセージカードや手紙を用意して新生活のご報告をしたり、感謝の気持ちを伝えるなど目一杯「心を込め」つつ、身の丈に合った贈り物を選ぶのも「孝行」のひとつと言えます。

この記事に関係するカタログギフト
サイトマップ
ページのTop(一番上)へ