ママ友への出産内祝いにぴったりなおすすめギフトは?

頼もしい相談相手のママ友。出産後はなおいっそうお世話になることも多いでしょう。親密で距離の近いママ友だからこそ、どんなお品がいいのか悩むところ。今回はお悩みの多い、グループ連名でいただいた際の内祝いの選び方や、ママ友への内祝いのおすすめギフトをご紹介します。

ママ友グループ連名にはお菓子など手頃な大きさのギフトがおすすめ

ママ友グループ連名でいただいた出産祝いへのお返しの金額は、一人ひとりに相場の半分〜1/3返しをする必要はありません。ちょっと見栄えのよい有名ブランドのお菓子やお茶など、手頃な値段のものを複数個用意し、お礼の言葉と一緒にお渡しするとよいでしょう。

カバンに複数個入る大きさのお品なら、お会いできそうな時に持ち歩くのもよい方法です。会えるタイミングが分からない場合は生菓子など傷みやすいものは避けましょう。

価格の違う内祝いを贈る場合は『カタログギフト』がおすすめ!

お祝いをいただいたママ友にそれぞれ違うお品を贈る場合は、渡すタイミングに注意が必要です。出産内祝いの相場を守った場合、内祝いの価格にばらつきが出るのは当然ですが、先様によっては差をつけられた?と不快な思いをさせてしまうことも。

その点、カタログギフトは価格が非表示なのでおすすめ。各ご家庭に郵送できるので贈る側もいただく側も手間が省けます。グルメ・雑貨・ベビー用品などのカテゴリ別に編集されたカタログギフトや、商品券やギフトカードが選べる自由度の高いカタログギフトも出てきています。

具体的なお品が思いつかない時に、カタログギフトなら、先様がその中から気に入ったお品を選べるので便利です。

ママ友のお子様に合わせた贈り物

ママ友からの出産内祝いに喜ぶ親子のイラスト

ママ友同士なら、雑談の中でお子様の年齢や性別を把握している場合も多いはず。ならばママ友のお子様に合わせた出産内祝いを贈ってみるのはいかがでしょうか?きっと「自分の家のことを考えながら選んでくれた」と喜んでいただけます。メッセージカードに「◯◯ちゃんとご一緒に使ってみてくださいませ」等の言葉を添えれば、さらに気持ちが伝わります。

この場合のお品は、お子様が気に入りそうで、かつママも一緒に使えるものを考えてみましょう。例えば食べ盛りの男の子にはハムやレトルトのセット、女の子には肌に優しいオーガニック素材の石鹸やボディクリームなど。デザート系は幅広い年齢に対応でき性別や年齢に関わらず喜ばれます。

また、お子様のいるご家庭では、暮らしの中で役立つ定番品もおすすめ。品質のよいタオルやキッチンクロスなど、普段使いよりもちょっと高級感のあるものを選ぶのがポイントです。リネン類のギフトはキャラクターなどの可愛らしいものより、シンプルなほうが好みを選ばず使っていただけます。

食品を贈る際はアレルギーにも注意

食品を贈るときは、お子様のアレルギーにも注意が必要です。意外なアレルギーをお持ちの場合もありますから、これを贈りたい! という食品があるのなら、できるだけ事前にアレルギーを確認しておきましょう。

前述のカタログギフトではアレルギー物質表示のあるカタログを選ぶことで、先様に安心してお品を選んでいただけます。

 

サイトマップ
ページのTop(一番上)へ