四十九日法要の引出物と香典返しの違いについて

一般的な仏式では、亡くなってから7日ごとに法要を営み、「四十九日法要」をもって亡くなった方が仏になって忌が明けるとされます。ここで出席者のために用意されるのが、「引出物」と「香典返し」です。それぞれの意味についてなど、知っておきたい四十九日にまつわるごく一般的な知識をご紹介しましょう。

引き出物と香典返しの違いを図解したイラスト

引出物は「お供え」の、香典返しは「香典」のお礼

「引出物」は四十九日法要にいただいた「お供え」のお礼

四十九日法要で用意する「引出物」は、四十九日法要に出席する方からいただいた「お供え」へのお礼にあたります。熨斗(のし)は黒白か双銀の結び切りで、表書きは「志」や「粗供養」とすることが多いようです。

「香典返し」は忌中にいただいた「香典」のお礼

四十九日法要で用意する「香典返し」は、通夜や葬儀、その後四十九日までのいわゆる「忌中」にいただいた「香典」へのお礼にあたります。熨斗は黒白か双銀の結び切りで、表書きは「志」や「満中陰志」(関西地方など)とすることが多いようです。

香典とお供えを両方いただいた方には、法要後に引出物と香典返しの両方をお渡しします。もちろん、通夜・葬儀で「当日返し」をしている場合は引出物だけですが、高額の香典をいただいた場合は、四十九日に改めて香典返しを用意することもあります。

引出物・香典返しの選び方と金額の目安

香典返しの品物の選び方・金額の目安は

いただいたお香典の半額程度を目安に用意します。品物選びのポイントは、食品や消耗品など「すぐ使ってなくなってしまうもの」。これは「不祝儀がいつまでも残らないように」という考え方からきているもので、中でもお茶や海苔などの乾物、お菓子、洗剤などは地方や慣習を問わない定番となっています。

引出物の選び方・金額の目安は

法要後に用意する会食(お弁当)の費用などにもよりますが、親族であればお供えの1/3から半額程度、それ以外の方であればお供えの半額程度の品を用意することが多いようです。品物の選び方は香典返しと同様に考えてよいでしょう。お供えをいただく前に用意しなければなりませんので、あらかじめ親族や詳しい方に、当地の「お供えの相場」や「引出物の定番」を聞いておくと安心でしょう。

サイトマップ
ページのTop(一番上)へ