出産内祝いの人気商品「赤ちゃん米」とは?

タオルやお菓子など無難なギフトが定番の出産内祝いですが、最近では個性的なアイテムも増えています。今回ご紹介するのは赤ちゃんと同じ重さの「赤ちゃん米」。定番のお米を利用した新しいアイデア商品です。

赤ちゃん米とは?

お米はお祝い事に贈られるお品の定番。日々の食卓に欠かせない消耗品でもあることから、世代問わず広く喜ばれる贈り物です。

「赤ちゃん米」は、赤ちゃんの出生体重と同じ重さのお米が入った贈り物。定番のお米でありながらユニークな贈り物として注目されています。

お米の袋には、赤ちゃんの名前や画像、体重や生年月日を印刷することができるサービスや、お米のブランドが選べたり、注文時に精米されるなど、お米のおいしさにこだわった商品もあるので、好みやこだわりによってオリジナル性がある出産内祝いが贈れます。

ついつい抱っこしちゃう!こんな先様におすすめ

赤ちゃん米を抱っこする祖父母

「赤ちゃん米」を贈って喜ばれるのは、やはり身近な関係の方。ご両親はもちろん、親しい親戚や友人に、赤ちゃんの名前と一緒に体重をお披露目しましょう。
受け取る側もついつい抱っこしてしまう「赤ちゃん米」。体重◯グラムと聞いてもピンときませんが、「赤ちゃん米」を抱けば「この重さで生まれたんだ」と新しい生命の重さを実感していただけます。

こんな先様へは別のお品を

ただし、赤ちゃんを望んでいるのに授かれない方など、事情がある先様には、この贈り物は不向きといえます。出産内祝いは、出産を喜びあえるようなお品を選ぶ事が肝心。先様の事情に考慮し、喜んでいただける内祝いを選びましょう。

お米はお祝い事にぴったり

昔からお米は日本人にとって、とても大切な作物。農耕は安定した食生活をするための重要な活動であり続けています。
古来よりさまざまな儀式や祭事の中で、お米が使用されていた事が分かっています。諸説ありますが、お米には神聖な力が「こめられて」いる、「籠める・込める」という意味が転じて「こめ」と呼ばれるようになったともいわれています。
日本人の食生活に欠かせず縁起物でもあるお米は、お祝い事の贈り物にぴったりなのです。

この記事に関係するカタログギフト
サイトマップ
ページのTop(一番上)へ