先輩としてエールを送る!退職・転勤する後輩へのメッセージ文例

退職・転勤する後輩へのメッセージは、先輩という立場もあるため「心に残る名言を」と気負ってしまいがちです。しかし、格好良い名言が後輩のためになるとは限りません。後輩のことをよく知っているあなたが、自分の言葉で後輩のために考えたメッセージを届けてあげましょう。

イラスト:赤ちゃんを抱きながら先輩女性からのメッセージカードを読む、出産で退職した女性。「復帰したくなったらいつでも相談に乗るからね!」との言葉に涙ぐんでいる。

気持ちが伝わるメッセージのヒント

まずはこれまでの労をねぎらって

どのような事情で去る後輩でも、メッセージを贈る間柄なら一緒にがんばって働いてきた仲間であることには違いありません。まずは、これまでの働きをねぎらうひとことをかけてあげましょう。

後輩のよいところを褒める

後輩には、新しい環境で自分の実力が通用するかどうか不安に思っている面もあるはずです。ここは先輩であるあなたが、後輩の長所や活躍したエピソードを取り上げて自信をつけさせてあげましょう。

美辞麗句を尽くすより、いつでも頼ってと伝えよう

これまでと違う生活を始める後輩にとって、自分のことを知っていて相談できる先輩の存在は心強いものです。気負ったメッセージよりも「いつでも連絡して」というひとことが、きっと気持ちの支えになることでしょう。

退職・転勤する後輩へのメッセージ文例

文例1:退職し、異業種に転職する後輩へ

長い間おつかれさまでした。
(仕事のプロジェクト名)のプロジェクトは、君の陰ながらの尽力がなければどうなっていたことか。
その粘り強さは、きっと新しい環境でも存分に発揮されるものと信じています。
情報交換も兼ねてまた飲みにいきましょう。いつでも連絡ください。

文例2:転勤し、遠方へ赴任する後輩へ

長らく一緒にがんばってくれて、感謝しています。
(赴任先)では初めての1人暮らしになるとのこと、最初は不安もあるでしょうが、仕事はもちろん会社のイベントまでマメに世話をしてくれた君ならきっとすぐ慣れて活躍できるはず。
迷うことや困ったことがあればいつでも連絡ください。そちらへ出張の時はまた一緒に飯でも食おう!

文例3:結婚・出産・介護などで退職する後輩へ

これまで私たちの部署を支えてくれてありがとう。
活躍、活躍と社会に追い立てられる昨今ですが、家族のために退職を決意したことだって、素晴らしく勇気のある行動だと思います。
その勇気があればどこにいてもきっと大丈夫!これから家庭で活躍するあなたを応援しています。
もちろんセカンドキャリアを考える時がきたら、相談に乗るので声をかけてください。

この記事に関係するカタログギフト
ページのTop(一番上)へ