【文例付き】寒中見舞いの書き方を正しく理解しよう

寒中見舞いは寒さが厳しい1月から2月初旬に、お相手を気遣うためのあいさつ状です。新年のあいさつである年賀状とは意味合いが異なります。最近では年賀状を出せなかったお相手に寒中見舞いを送ることも多いようです。

本記事では、寒中見舞いの書き方を、文例とあわせてご紹介します。
本来の寒中見舞いの意味や、年賀状に代える場合の出し方などは、こちらの記事を参考にしてください。
知らないと恥をかくかも!? 寒中見舞いの出し方や時期

イラスト:通常の寒中見舞いハガキと、喪中の寒中見舞いハガキを見ながら「喪中のご報告を兼ねる場合は、落ち着いたデザインを選びましょう」とアドバイスするコンシェルジュ。

寒中見舞いの用途

寒中見舞いは、ご自身が喪中の場合、またお相手が喪中の場合、どちらでも送ることができるため幅広い使い方ができます。

寒中見舞いの用途

  • お相手を気遣い、近況報告を行う一般的な寒中見舞い
  • 年賀状を送っていない場合の年始のごあいさつ
  • 年始のあいさつを控える喪中のご報告を兼ねて
  • 喪中の方へのごあいさつ

寒中見舞いの書き方の基本

寒中見舞いも含めた季節のあいさつ状は、句読点を使わないのが慣例です。最近では気にしない方も増えてきましたが、目上の方や年配の方には句読点を使用しないほうがよいでしょう。句点のかわりに、一文字空けるようにして読みやすくします。

寒中見舞いは基本的に

  1. 「寒中お見舞い申し上げます」といった決まり文句
  2. お相手を気遣う言葉や自身の近況報告
  3. 日付

で構成されています。

喪中のお相手に送る際には、賀詞やおめでたい言葉は避けるように留意しましょう。

一般的な寒中見舞い:寒中見舞い文例

例文1

寒中お見舞い申し上げます
立春とは名ばかりの寒い日が続きますが いかがお過ごしでしょうか
おかげさまで私たち家族は風邪ひとつひかず 元気でおりますのでまずはご放念ください
世間では流感が猛威を奮っております どうぞお体を大切にお過ごしください
 元号○○年○月

例文2

残寒のお見舞いを申し上げます
寒さ厳しき折 ますますご健勝のこととお喜び申し上げます
折をみて ゆっくりとお目にかかりたいと思っております
暖冬とはいえ さすがに冷え込む今日このごろ くれぐれもご自愛くださいますよう お祈り申し上げます
 元号○○年○月

年賀状を送っていない場合の年始のあいさつ:寒中見舞い文例

寒中お見舞い申し上げます。
新年のごあいさつをいただきながらもごあいさつもせず失礼申し上げました
皆様お変わりなく 良いお年を迎えられましたご様子 心からお喜び申し上げます
私どもも皆元気にしております
本年も何卒よろしくお願い申し上げます
 元号○○年○月

喪中のご報告を兼ねて:寒中見舞い文例

例文1

寒中お伺い申し上げます。
寒気厳しき折でございますが 皆様にはお変わりございませんか
私方 昨年○月○日に【故人続柄】(享年○歳)が他界いたしましたため 年頭のごあいさつを控えさせていただきました
寒さももうしばらく続くと思いますが 元気でお過ごしくださいますよう
本年も皆様にとりまして良い年となりますように 心よりお祈り申し上げます
 元号○○年○月

例文2 年賀状をいただいた方へ

ご丁寧な年始のごあいさつをいただき 誠にありがとうございました
【故人続柄】の喪中のため 年末年始のごあいさつを控えさせていただきました
昨年中にお知らせすべきところ 年を越してしまいましたご無礼をご容赦願います
本年もどうぞよろしくお願いいたします
 元号○○年○月

喪中の方へ:寒中見舞い文例

寒中お見舞い申し上げます。
【故人続柄】のご逝去の報に接し 謹んでお悔やみ申し上げます
年頭のご祝詞は控えさせていただきましたが いかがお過ごしでしょうか
昨年は大変お世話になりありがとうございました
寒い日が続きますので風邪など召されませぬよう どうぞご自愛くださいませ

この記事に関係するカタログギフト
サイトマップ
ページのTop(一番上)へ