結婚記念日に何を贈る?妻へのギフト、おすすめと選び方のポイント

結婚記念日のプレゼントというと、「昨年とは違う品にしなければ」、「サプライズで演出をしないと」などと気負って考えがちです。うまくいけば良いのですが、意気込みだけが空回りしてしまうと大変です。ここでのアドバイスも、ぜひ参考にしてみてください。

イラスト:ジュエリーケースに並べた粒のままのパールを眺めて、「5つ貯まったらペンダントに、もっと増えたらネックレスに……」とうっとりする妻

テーマを決めて定番化してみる

毎年目新しいプレゼントを用意しようとすると、結婚記念日の度にあれこれ考えるけれど決めきれない……なんてことになりがちです。この先何十年も一緒にいると決めた夫婦だからこそ、毎年の定番を決めておくのも良いアイデアです。

毎年思い出の場所で食事やデートを

結婚式を挙げたホテル、プロポーズをしたレストランなど、2人の思い出の場所で毎年食事やデートをするのもとてもすてきなプレゼントです。料理の趣向を変えたり、デートコースを工夫したりすることでマンネリも防げます。

ブランドアイテムや宝石を毎年ひとつずつ

奥様のお気に入りのブランドアイテムを、毎年ひとつずつそろえていくというのもわくわくするものです。ジュエリーやファッションアイテムはもちろん、ペアの食器も気が利いています。粒のままの宝石を毎年ひとつずつ贈り、「ネックレスができる数になるまで……」なんてロマンティックなプレゼントも人気です。

毎年カメラマンに2人の写真を撮ってもらう

プロに写真を撮ってもらう機会となると、結婚式の次はお子さん関連というご夫婦も多いものです。そこで、毎年結婚記念日には、お気に入りの服とメイクで2人の写真を撮ってもらうというのはいかがでしょうか。年に1枚でも、毎年集めていけばすてきなアルバムができますよ。

綿婚式、花実婚式……別名にちなんだ品を

結婚記念日には、年数に応じて“○婚式”の別名があるのをご存じでしょうか。紙婚式(1年目)、綿婚式(2年目)、皮婚式(3年目)など、身近なものの名前がついているので、これにちなんだプレゼントを贈るのもおすすめです。
結婚記念日の別名とおすすめのプレゼントについては、下記の記事も参考にしてみてください。
それぞれの意味知ってる?覚えておくと役立つ結婚記念日の豆知識

忙しいご夫婦でも記念日を楽しんで

お互いに忙しいご夫婦だと、結婚記念日のプレゼントすら手近で済ませなければならないことも。とはいえ“記念”ですので、モノを贈るだけでなく、後々まで思い出に残る工夫をしたいところです。

旅行は無理でも、近場でのぜいたく時間を

夫婦での旅行は結婚記念日のプレゼントの定番ですが、泊まりがけでゆっくり出かける時間が取れないこともあります。そうした場合には、家から近いリラクゼーション、スパ、エステなど、気軽に出かけられるぜいたく時間を贈ってみてはいかがでしょうか。もし一泊できるなら、普段はあまり泊まる機会がない近所のホテルに宿泊するのもおすすめです。

家で食事を楽しむなら準備・後片付けを引き受けて

のんびりできる自宅で、お取り寄せのグルメやお酒を楽しむのも、手軽で記念に残る過ごし方ですよね。こういう場合、何を味わうかについ気を取られがちですが、記念の贈り物だと考えているなら、ぜひ準備・後片付けも含めて引き受けてください。一緒に準備・後片付けをするのは、もし奥様が申し出てくれたらということにしましょう。

この記事に関係する商品
ページのTop(一番上)へ