大人のマナー! 退職者へ贈る餞別(せんべつ)、その意味と相場を理解しよう

お世話になった方へのせんべつは、どういったものがふさわしいのでしょうか。金品を贈る際の相場やマナーどうなっているのでしょうか。せんべつの意味、退職者へのせんべつの相場やマナーなど、幅広く解説します。

御餞別、と書かれた紅白ちょう結びののし袋。その隣で、結びきりののし袋を指差しながら「結婚退職の時だけは『結びきり』で」と説明するコンシェルジュ

せんべつの意味

せんべつとは今までお世話になった方が旅立つときに、これまでの感謝の意と前途を祈る気持ちを込めて贈る金品のことです。したがって、せんべつは退職に限らず、転勤や転居、旅行や留学などでも渡すケースがあります。

せんべつは、はなむけとも言います。はなむけは馬の鼻向けという言葉の略で、(旅立つ人の馬の鼻を行くべき方へ向けて見送った習慣による)旅立ちや門出に贈る品物・金銭または詩歌など(株式会社岩波書店 広辞苑第六版より)という意味があります。

せんべつの定番は現金、相手別の金額相場

退職者へのせんべつは現金が最も定番の贈り物です。引っ越しや退職、転勤など、せんべつを贈るシチュエーションはさまざまです。ここでは特に退職者へのせんべつの相場をご紹介します。

一般に退職者(定年退職者も含む)へのせんべつの相場は、個人で渡す場合には、同僚の場合は3,000円から10,000円、上司へは5,000円から20,000円が一般的だといわれています。なお、せんべつはお返しや返礼が基本的にありません。高価なお品や高額な現金をお贈りして、かえって恐縮させてしまわないよう留意しましょう。

品物をお贈りしても良いの?

現金ではなく品物をお贈りしても構いません。転居を伴う転職ならば、新居で使っていただけそうな生活用品や事務用品などが良いでしょう。次の新しい環境がどういうものかが分かっていれば、より適したお品選びができます。

「良いお品は思いつかないけれど、現金はちょっと……」という場合には、カタログギフトや商品券も良い選択です。カタログギフトは価格帯もさまざまなものが用意されており、グルメ・グッズ・食事や温泉などの多彩な選択肢から、先様が欲しいものを選べます。

のし袋の表書きや水引は退職理由に合わせて

せんべつにかけるのし袋やのし紙の水引は、紅白ちょう結びが基本です。表書きは御餞別、もしくは祝定年御退職、御礼、御祝などです。目上の方に贈る場合は、御餞別という表書きは失礼にあたるので、おはなむけや御礼、御祝の表書きにするよう留意します。

例外的に結婚退職の水引は一度きりでよい御祝なので、紅白結びきり、表書きは御結婚御祝とします。

この記事に関係する商品
ページのTop(一番上)へ