香典返しの熨斗(のし)の書き方、予算の決め方

香典返しの品には熨斗(のし)をかけ表書きをします。またその予算は、いただいた香典の額によって決めるのが一般的です。
この記事では、香典返しの熨斗(のし)の書き方や、予算について知っておきたいことをまとめました。

香典返しの熨斗(のし)の書き方、予算の決め方のイメージイラスト

はじめに

香典返しの熨斗(のし)や表書きには、広く通じる「ごく一般的な形式」と、それに加えて知っておきたいいくつかの例があります。
香典返しの予算にもまた、いただいた香典をもとにする「ごく一般的な考え方」がありますが、その贈り方には幾通りかの方法があります。

香典返しの熨斗(のし)の書き方

水引は「黒白」が一般的

ごく一般的な香典返しの熨斗(のし)には「黒白結びきりの水引」が描かれています。また、関西~西日本では「黄白の水引」を用いることもあります。「結びきり」には、結び直せない、つまり弔事が何度も繰り返されないようにという意味が込められています。一方、「ほどけそうでほどけない」ことから、末長いおつきあいの意味を込めて「あわじ結び」を用いることもあります。「あわじ結び」は慶弔どちらにも使われますから、ぜひ覚えておきましょう。

仏式では「志」または「満中陰志」

仏式の熨斗(のし)は、表書きを「志」とし、家名を書きます。関西~西日本では「満中陰志」とすることもあります。

神式、キリスト教式では「偲草」とも

神式やキリスト教式には香典返しの習慣はありません。ただ、神式では「五十日祭」、キリスト教式では「三十日目の追悼ミサ」(カトリック)、「一ヶ月目の召天記念日」(プロテスタント)にそれぞれ香典返しにあたる品を用意することが多いようです。表書きは「志」に加えて「偲草」(偲び草)が使われることもあります。

香典返しの予算の決め方

いただいた香典の半額を目安に

忌明け(四十九日)を過ぎて香典返しを贈る場合は、それぞれいただいた香典の半額を程度を目安にした品物を用意するのが一般的です。みなさんに同額の香典をいただくことは稀でしょうから、予算に合わせて何種類か用意することになります。

「当日に香典返しを贈る」の場合はどなたも同じ品物で

葬儀当日に香典返しを贈る場合は、香典の額にかかわらず、数千円程度の同じ品物をお渡しすることが多いようです。ただし高額の香典をいただいた場合は、忌明けの後に改めて「香典の半額」から葬儀当日にお渡しした「香典返しの額」を引いた程度の予算で、お礼の品を用意しましょう。

「後々の気遣い」がお付き合いの要

葬儀前後は気も動転しがちですから、会葬者各々のことまではなかなか考えられないもの。だからこそ、少し気持ちの余裕が出てくるころに用意する「香典返し」では、感謝の気持ちをきちんと示し、これからの円滑なお付き合いにつなげたいところです。

サイトマップ
ページのTop(一番上)へ