香典返しの挨拶状(お礼状・奉書)の書き方

香典返しには挨拶状(お礼状・奉書)を添えるのが一般的ですが、その文面には、普段手紙を書き慣れている人でもなかなか使わない言葉遣いや、決まりごとがいくつもあります。
この記事では、香典返しの挨拶状を書くにあたって知っておきたいことをまとめました。

香典返しの挨拶状(お礼状・奉書)の書き方のイメージイラスト

はじめに

香典返しには、品物だけではなく挨拶状(お礼状・奉書)を添えるのが一般的です。忙しい中、故人のためにお供えをくださった方へ謝意を伝えるためであり、また、故人の法要が滞りなく行なわれたことの報告も兼ねています。

香典返しのお礼状の決まりごと

「感謝の気持ち」「法要のご報告」「略儀のお詫び」を中心に

香典返しの挨拶状(お礼状・奉書)の文面には見慣れない言葉が並んでいます。ただし、その内容はどれも大差なく、大きく分けて「会葬やお供えへの感謝の気持ち」、「故人の法要が滞りなく行なわれたことのご報告」、「本来は喪主が直接挨拶に伺うべきだが、書面や配送による略儀で済ませることへのお詫び」から成り立っています。

「亡くなった方」の書き方は続柄などによる

具体的な文面には様々な種類がありますが、頭語には「拝啓」、結語には「敬具」を使い、時候の挨拶は入れないことが多いようです。故人のお名前は、最もシンプルな「故(故人のお名前)儀」だけでなく、喪主との関係、個人葬か社葬かなどの違いによって「亡母 (故人のお名前)儀」、「弊社社長 (故人のお名前)儀」などとすることもあります。文末には、日付と差出人の住所・名前(「親族一同」などと書き添えることも多い)を必ず入れましょう。

香典返しのお礼状の書き方

周りの人とも相談し、文例を上手に活用しよう

先述の通り、挨拶状(お礼状・奉書)の文面には様々な種類があり、どの文面や言葉遣いが好ましいかも場合によって違ってきます。もし、自分で書き上げる自信がない場合は、葬儀を行なった地域の習慣に詳しい知人や、贈答品の業者に相談しながら、既製の文例を利用して書いてみるのもいいでしょう。
参考:リンベルの挨拶状(法事・香典返し専用)はこちら

「、」「。」を使わないように

既製の文例をアレンジしたり、自分で挨拶状(お礼状・奉書)を書く場合には、文中で「、」「。」(句読点)を使わないようにくれぐれも注意しましょう。なぜタブーになったかには諸説ありますが、「法事もお礼状もつつがなく進むように」、「句読点は『相手に読解力がない場合の補助』とされるから」などのいわれもありますので、忘れないようにしたいところです。

穏やかに故人を偲べるように

親しい間柄であれば故人の思い出話も

印刷などで多数の挨拶状(お礼状・奉書)を用意する場合は、故人をよくご存じない方にも差し上げる可能性がありますので、基本的な内容を踏襲することが多いようです。逆に、親しい方へ差し上げる場合などは、印象的な思い出話などを織り込んでみると、故人を偲んでいただくきっかけとなってよいかもしれません。
例えば、故人様のプロフィールや故人様の俳句、短歌、詩、お好きだった歌の歌詞と思い出、ご家族から故人様へのお手紙、故人様からのお手紙など、まごころをこめた思いを届けみてはいかがでしょうか。
参考:リンベルのオリジナル挨拶状(法事・香典返し専用)はこちら

サイトマップ
ページのTop(一番上)へ