出産内祝いを贈る時期と金額

出産内祝いを贈る際に、いつ贈るべきか、何を贈ったらよいか、目安となる金額はいくらか迷われたことはありませんか?出産のお祝いのお返しとして、また赤ちゃんの名前をお披露目する機会でもありますので、常識を外すことはしたくないものです。この記事では、出産内祝いをいつ贈れば良いのか、ふさわしい品物は何か、予算はいくらが相場かについてまとめました。

出産内祝いを贈る時期と金額のイメージイラスト

はじめに

出産内祝いとは、出産のお祝いのお返しとして「幸せのおすそわけ」と「感謝の気持ち」を込めて贈るものです。赤ちゃんが産まれてから1ヶ月頃までの間にまとめてお返しを贈り、その後に頂いたお祝いに関してはその都度個別にお返しするのが一般的とされています。

どのように贈るのが一般的?

赤ちゃんの名前をお披露目しよう

赤ちゃんの名前をお披露目する機会でもありますので、お礼状を添えてお返しするといいでしょう。難しい漢字や特殊な読み方の名前の場合は、フリガナをふることもお忘れなく。

「のし」を使用する場合は、紅白の蝶結びの水引のものを選び、 水引の上部に「出産内祝い」、水引の下部に赤ちゃんの名前を記入します。

なるべく妊娠中に下調べを

準備は早めにしておこう

出産してからは育児が忙しくなりますので、内祝いを準備するのは妊娠中に済ませてしまうといいでしょう。内祝いの下調べはもちろん、親戚や親しい友人の住所など、贈り先を整理しておくことも大切です。

出産祝いを頂いてから内祝いを贈るまでの間に、まずお礼の電話を入れるとより好印象ですので、電話番号だけ別途まとめておくこともおすすめです。

出産内祝いにふさわしい品物は?

相手に合わせて品物を選ぼう

親戚や親しい友人など、相手の趣味やライフスタイルが事前にわかる場合は、相手に喜ばれる品物を選ぶといいでしょう。わからない場合は、無難な食品や飲料、またタオルなど、実用的な消耗品のギフトセットを選びましょう。複数の友人や職場の方たちなど、グループから出産祝いを頂いた場合は、みんなで分けられるようなお菓子の詰め合せなどがおすすめです。

目安となる金額は、一般的に出産祝いの3分の1から2分の1とされています。「感謝の気持ち」が伝わることが第一ですので、高額なものを選ぶ必要はないでしょう。赤ちゃんの写真を添えたり写真入りの品物を贈る方もいますが、後に残るものは処分に困る場合もありますので、近い親戚や特に親しい間柄だけにとどめるか、避けた方が無難です。

サイトマップ
ページのTop(一番上)へ