上司・先輩への還暦祝い、失礼にあたらないプレゼントの選び方と注意点

普段から和気あいあいと会話を楽しむ仲であったとしても、目上の方への贈り物にマナー違反は禁物です。還暦祝いのような人生の節目のイベントでは、なおのこと慎重になる必要があります。今回は職場の上司・先輩へ贈る還暦祝いのプレゼント選びのコツとマナーをご紹介します。

還暦を迎えた上司へのプレゼントをどうするか、オフィス内で意見を出し合っている男女4人

還暦祝いのプレゼント、相場はどのくらい?

個人でお贈りする場合は、あまり高額ですと相手に気を遣わせてしまいますので3,000円以内に収めるのが無難です。あるいは同じ部署の仲間とお金を出し合い、1万円から3万円の間で設定するのも良いでしょう。お贈りする際は、プレゼントと一緒に感謝の思いをつづったメッセージカードを忘れずに。

還暦祝いには素敵なメッセージを贈ろう! 気持ちが伝わる手紙文例集

年齢を考慮しすぎたプレゼントはNG

もともとの還暦祝いは満60歳の長寿を祝うものでしたが、現代の60歳はまだまだお元気の方が非常に多いです。見た目も若々しく、40代から50代のころと変わらない気持ちで活躍なさっている方も多いものです。そういう方に長寿のお祝いといって高齢者向けの健康グッズを選んでしまうと、かえって不快な思いをさせてしまうかもしれません。

還暦祝いのプレゼントは60歳という数字にこだわりすぎず、相手のパーソナリティを尊重しましょう。例えば、お酒を嗜まれる方であれば生まれ年に製造されたヴィンテージワインはいかがでしょうか。ゴルフが好きな方へはゴルフクラブやグローブなど、趣味のアイテムをプレゼントするのもすてきです。プレゼントには還暦にちなんだ色の赤がどこかに入っているとよいでしょう。

目上の方に贈ってはいけないプレゼント

価格帯もデザインも豊富で定番な贈り物といえばハンカチですが、贈る相手によっては避けておきたいアイテムです。漢字では手布(てぎれ)と書き、別れのニュアンスがあるため、上司や先輩など目上の方への贈り物としてはあまりおすすめできません。
また、下着や靴下など漢字で下が付く物は見下す、スリッパや靴などの履物には相手を踏みつけるといった意味に捉えられる場合もあるため、目上の方への贈り物としてはふさわしくないとされています。

この記事に関係するカタログギフト
サイトマップ
ページのTop(一番上)へ