就任・昇進祝いに迷わないために!相場とおすすめギフト

知り合いやご友人もそうですが、特に上司や取引先の就任・昇進祝いとなれば、今後のお付き合いにも関わる贈り物なので慎重に選びたいですよね。そこでまずは、相場と定番のアイテムを押さえておきましょう。

おしゃれなネクタイ姿の新部長に「似合うと思ってました!」と盛り上がる女子社員たち

金額の目安は社長就任5万円前後、役員3万円前後、昇進1万円前後

取引先の社長就任祝いなら、さらに高額になることも

就任・昇進祝いを会社名義や職場の有志でまとめてお贈りする場合、社長就任であれば5万円前後、役員就任であれば3万円前後、昇進であれば5千円から1万円前後が目安だといわれます。取引先の新社長や新役員に贈る場合、関係によってはもっと高額になることもあります。一方、同じ取引先でも昇進の場合、贈り物ではなく宴席を設けるといったお祝いをすることもよくあるようです。

お知り合いやご友人ならやや控えめな額で

お知り合いやご友人などへ個人でお祝いを贈る場合、社長就任なら3万円前後というように、先ほどの金額の目安よりもやや控えめな額で用意することも多いようです。ちなみに、仕事関係の方へ個人的にお祝いを贈るのは、お相手もお返しの判断に困りますので、よほど親しいお相手以外は避けた方がよいでしょう。

社長・役員就任祝いの定番アイテムはなんといっても胡蝶蘭(こちょうらん)

社長・役員就任をお祝いするギフトによく選ばれているのはお花で、なかでも胡蝶蘭(こちょうらん)が定番とされています。社長室やデスク脇など、飾る場所に余裕がありそうならぜひ選びたいところです。ほかに、お手入れが楽で長く楽しめるプリザーブドフラワーのアレンジメントなどもおすすめです。花に直接ホコリが積もらない、ケース入りのものが喜ばれるでしょう。胡蝶蘭やお花の選び方については、下記の記事も参考にしてみてください。

昇進・栄転のお祝いの際に知っておきたい「就任祝い」のマナー

昇進祝いもお花、そしてビジネスアイテムが定番

胡蝶蘭では大げさになり過ぎることも

胡蝶蘭は昇進祝いにも喜ばれる花ですが、職場が胡蝶蘭を飾れる環境であるかどうかは気にしておきたいところ。スペースの有無はもちろん、さらに上役の方が近くにいるような席で、目立つ胡蝶蘭を飾るのは考えものです。こうした場合は、プリザーブドフラワーを考えてもよいですし、持ち帰れるものの方がかえって喜ばれることもあります。

ネクタイ、タイピン&カフス、デジタルグッズなども◎

お花以外の昇進祝いにおすすめなのが、ネクタイやタイピン、コインケース、名刺入れといったビジネスアイテム。パソコンやタブレット、スマートフォンを使いこなしている方なら、スマートウォッチや高級イヤフォンなどのデジタルグッズもおすすめです。ただし、文房具は“ますます仕事に励まれるように”という意味もあり、目下の立場から贈るには適さない品もあります。詳しくは下記の記事も参考にしてみてください。

昇進・栄転のお祝いの際に知っておきたい「就任祝い」のマナー

この記事に関係するカタログギフト
サイトマップ
ページのTop(一番上)へ