突然のことでも慌てない! 病気・入院のお見舞いにおすすめの品とその相場

知人や親しい方の入院を聞いたら、時間を見つけてお見舞いに伺う人も多いでしょう。そんなときは、お見舞いの品を持参すると喜ばれます。病気見舞いに何を持参すればよいのか、間柄に応じた相場を踏まえながら、事前に把握しておきましょう。

病室にいる母親と、電話でお見舞い品(お茶や水、果物)について話をしている娘

お見舞いの品とその相場

お見舞いに品物を贈るか現金を贈るか悩むこともありますが、特に決まりはありません。一般的に、相手が親戚以上の関係の場合にお見舞金を贈るようです。

品物なら、お花や果物、お菓子がよく贈られますが、病院によっては生花が持ち込み禁止の場合がありますし、果物やお菓子でも病状によっては食べられない場合があります。付き添いのご家族に確認をとり、配慮した品選びが必要です。

お見舞い金、お見舞いの品の相場は、3,000円から10,000円と言われています。相手との関係によっておおまかに以下のようになります。

親・兄弟・祖父母・親戚:5,000円から10,000円程度
知人・友人:3,000円から5,000円程度
仕事関係:3,000円程度(有志数名で出すときの一人あたりの金額)
ご近所さん:3,000円程度

お見舞い金を贈る場合のマナー

紅白結び切りの祝儀袋や白封筒に現金を入れてお渡しします。表書きには、「御見舞」がよいでしょう。

上司や恩師など目上の方へのお見舞いに現金を包むのは避ける傾向があります。現金に替えて、プリペイドカードやギフト券、商品券を贈る方がよいでしょう。

また、「死」や「無」、「苦」を連想する4、6、9が絡む金額は避けましょう。

お花を贈る場合のマナー

お花を贈る場合は、以下のお花は避けましょう。

  • 百合といった香りの強い花
  • 菊・小菊(葬儀を連想させ縁起が悪い)
  • シクラメン(語呂が死、苦で縁起が悪い)
  • ツバキ(花が首から落ちるので縁起が悪い)
  • バラのような赤い花(血を連想させる)
  • 鉢植え(「寝付く」と昔からタブー)
  • 花瓶が必要な花

本人が好きなお花や明るい花を集めたフラワーアレンジメント、すぐに飾れるミニバスケットに入ったお花、プリザーブドフラワーなどがよいでしょう。
購入する際には、これらのことをよく知っているお花屋さんのアドバイスをうけて選ぶのが一番です。

果物やお菓子などの食べ物を贈る場合のマナー

傷みやすいものや食べづらいもの、生ものや揚げ物は避けましょう。
入院中に食事を制限されている場合もあるので、事前に確認した上で選ぶようにしましょう。

その上で、相手の好きな食べ物やある程度日持ちのするもの、適度な量の果物がよいでしょう。場合によっては、ミネラルウォーターやお茶などが喜ばれることもあります。

相手のことを第一に考えることが大事です。相手の気持ちやご家族を思いやり、事前にしっかりと確認をとった上でお見舞いに伺いましょう。

この記事に関係するカタログギフト
サイトマップ
ページのTop(一番上)へ