お彼岸とは? 親戚同士でも心得ておくべきマナーや手土産の相場

春と秋に訪れる「お彼岸」。毎年、お墓参りに行くという方が多いことでしょう。お彼岸にも、心得ておくべきマナーがあります。ここではお彼岸の時期や意味、手土産の内容や相場、マナーなどを見ていきます。

お彼岸の手土産の品を見ながら「相場は3〜5000円くらいです」と言うギフトコンシェルジュさん

お彼岸とは?

「彼岸」とは、仏教用語の「波羅密多(はらみった)」からきたものとされています。現世を表す「此岸(しがん)」に対して、向こう岸(極楽浄土)を表し、「此岸」にある者が、「六波羅蜜(ろくはらみつ)」の修行をすることで「悟りの世界」、つまり「彼岸」にたどり着けるとの考えに由来しています。

また、彼岸の中日は極楽浄土と現世が最も近くなる特別な日だと考えられており、お彼岸は「魂祭り」「祖先のお祭り」をする日だったことから、祖先の墓参りをするようになりました。

お彼岸の期間は、春分の日と秋分の日のそれぞれ前後3日間を含む計7日間です。初日を「彼岸の入り」、春分・秋分の日を「中日」、最終日を「彼岸の明け」といいます。

お彼岸にすることは?

お彼岸にすることは以下になります。

  • 仏壇を掃除し、仏具を整え、果物やお菓子をお供えする
  • お墓参りに行き、お墓を掃除して、お花、お水、果物やお菓子をお供えする

また、個別にお坊さんにお経を読んでいただいたり、合同のお彼岸法要、彼岸会に参加したりします。

手土産とその相場とマナー

手土産としてはお彼岸のお供え物を持っていかれる場合が多いと思います。
お供え物としてふさわしい物は以下になります。

  • ぼた餅(春のお彼岸の場合)
  • おはぎ(秋の彼岸の場合)
  • 故人が好きだった食べ物やお酒
  • 果物
  • 菓子折り
  • お花(白や淡い色のもの)
  • 線香やろうそく

金額の相場は、3,000円から5,000円です。
また、お供え物には掛紙の水引が黒白・または双銀、地域によっては黄白の結び切りを選びます。表書きを「御供」、忌明け前であれば「御霊前」、忌明け後であれば「御仏前」などの言葉を添えるとよいでしょう。

お金をお供えとしてお渡ししても大丈夫です。
お金の場合でも金額の相場は、3,000円から5,000円です。白黒か双銀の結び切りの不祝儀袋に、表書きを「御仏前」「御佛前」「御供物料」と書いてお渡しします。

一般的には以上の通りですが、地域やお家によって習慣は異なります。不安な場合は、お伺いする家庭に近しい家の方にそれとなく聞いてみるのが無難でしょう。

この記事に関係するカタログギフト
    サイトマップ
    ページのTop(一番上)へ