日ごろの感謝の気持ちを伝えたい!敬老の日に贈る一言メッセージ文例

ここでは、贈る人の立場別に一言メッセージの文例をまとめました。お祝いや感謝の言葉に一筆加えたいときや、電報で簡潔に気持ちを伝えたいときなど、ぜひ、この例文をヒントにご自分なりのメッセージを考えてみてください。

“おはぎを作ってくれるおばあちゃん”を想像しながらメッセージカードを作っている幼い孫

息子・娘からご両親への一言メッセージ

息子さんからの一言メッセージ

なかなか口に出しては言えませんが、いつも感謝しています。
これからは自分たちのことももっといたわって、いつまでも長生きしてください。

娘さんからの一言メッセージ

敬老なんて言うと怒られそうなほど若々しいお父さん、お母さん。
いくつになっても元気で、人生を楽しんでね!

義理の息子・娘さんからの一言メッセージ

いつもあたたかく見守っていただき、ありがとうございます。
これからも私たち夫婦のよきお手本として、末永くお元気でいてください。

お孫さんからの一言メッセージ

幼いお孫さんからの一言メッセージ

おじいちゃん、いつも遊んでくれてありがとう。
いつまでも元気で一緒に(遊び、スポーツ名など)しようね。

おばあちゃんの作ってくれる(料理名)が大好きです。
今度行くときはまた食べさせてくださいね。

成人しているお孫さんからの一言メッセージ

一緒にお出かけするのが子どものころから楽しみでした。
今度は私の運転で(過去に訪れた場所など)へ行こうね。

最近(持病や痛みのあるところなど)の具合はどうですか?
なかなか会えないけれど、いつも気持ちは隣にいますよ。

お知り合いからの一言メッセージ

改まったお祝いにしたい場合の一言メッセージ

(お相手)様のご長寿を心よりお慶び申し上げます。
幾久しくご健勝であられますよう心よりお祈り申し上げます。

親しみやすい印象の一言メッセージ

お健やかに敬老の日を迎えられ、心よりうれしく存じます。
これからも健康で、ますますご活躍くださいますようお祈りしております。

ページのTop(一番上)へ