結婚内祝いの最難関!職場の上司に贈るギフトのタブー

会社の上司へのギフトの選び方・贈り方は、新郎新婦のお付き合いのたしなみが問われるポイントでもあります。喜ばせるだけでなく、「きちんとしている」ことを印象づけるのも忘れないようにしたいものですね。

まずは「贈り方」に気をつけて

贈るタイミングや金額の目安は

結婚内祝いはとにかくのし紙などのマナーや品物の選び方に目が行きがちですが、大事なのが「贈るタイミング」。
式の前に結婚祝いをいただいたら「式の1ヶ月後まで」、式の後にいただいたり、式を挙げない場合は「いただいてから1ヶ月後まで」に届くよう手配しましょう。ただ早すぎるのも考えもの。いただいた数日後にもう内祝が届いて…となると、まるで「お祝いをお待ちしていました!」と言わんばかりです。

上司でなくても避けたい品物

お茶は「弔事」を連想することも

年配の先様に「毎日使うものだから」とお茶を贈る。気が利いているようですが、結婚内祝いでは避けておいた方がいいかもしれません。
なぜかというと、お茶は慶弔どちらにも好適とされ、弔事の贈り物の定番でもあるからです。「不祝儀みたい」と思われてしまうと、失礼ではないにせよつまらないですよね。

肌着・下着は「生活苦」を暗示する

肌着や下着など「直接身につけるもの」は、どなたにも喜んでいただけそうですが「肌着にも困るほど生活が苦しいと思われている」と、皮肉に見る向きもあります。それでなくても素材や形など、人によって合う合わないがありますから、避けるべきでしょう。

上司ならではのタブー

スリッパを部下から贈って失敗のイラスト

スリッパ・敷物・踏み台を部下から贈るのは厳禁

目上の方全般に言えることではありますが、特に上司に贈るのはやめておいた方がいいものがあります。スリッパ・敷物・踏み台など…そう、「足で踏みつけて使う」ものです。これは「あなたを踏みつけにします」「踏み台にして上へいきます」といった、部下としてはあり得ないメッセージを暗示することになってしまいます。悪意はなくとも「そんなことも知らないのか」と思われてしまったのでは、損をするばかりです。

仕事の道具も皮肉になりかねない

万年筆、名刺入れ、ビジネスバッグなど、仕事でお世話になっている方だからこそ、仕事に役立つアイテムをお贈りしたいと思うこともあるかもしれません。ただ、仕事の道具を贈ることは「もっと勤勉に働いてほしい」というメッセージだと見る考え方もあります。上司から部下へ…ならまだしも、部下から上司にとなると少々微妙なところもあるのです。

ただ、お相手のことを考えた上で、仕事の道具をお贈りするのがいちばんいい場合もあります。メッセージカードなどで「○○さんのバリバリ働く姿に憧れています。部下から差し上げるようなものではないかもしれませんが、ぜひ使ってください」などと他意のないことを上手に伝えれば、素直に喜んでいただけるでしょう。

サイトマップ
ページのTop(一番上)へ