目的や相手にあわせて選びたい! ギフト券の種類を徹底解剖

お相手が自由に使えて便利なことと、カジュアルなお祝いで喜ばれるギフト券。旅行券や図書カードなど種類を上手に使い分ければ、贈る側の気持ちを伝えるのにも一役買ってくれます。

エステ体験でご満悦の母と娘。娘は「“金券なんて失礼な…!”と呆れてたくせに」と、母のエンジョイっぷりに苦笑い。

贈りたい気持ちはあるけれど、自由に選んでほしい

旅行券や宿泊券、食事券などは行き先を選ぶ楽しみも贈れる

“旅や食事の機会を贈りたい”というときに便利なのが、旅行券や宿泊券、食事券といった目的が決まっていて、行き先と日程を選べるギフト券です。楽しい旅をしてほしい、おいしいものをゆっくり味わってほしいという贈り主の気持ちを込めつつ、行き先や日程を選ぶ楽しみも贈ることができます。また、エステ、スパ、日帰り温泉などの“体験”を贈ることができるギフト券も注目されています。自由に行き先を選んでもらうことも、贈り主がおすすめしたいエステや温泉を選んで贈ることもできるので、こだわり派の方にも、はじめて体験する方にも喜んでいただけます。

ビール券やグルメ券などは好みの味がわからないときに

“ビールが好きなのは分かっているけれど、好みの銘柄が分からない”といったときは、ビール券やグルメ券が便利です。お相手の好みがわからなくても、好きなものを味わってほしいという贈り主の気持ちを込めることができます。

図書カード、こども商品券は学生さんやお子さんへの入学祝いに

学生さんやお子さんに、勉学や遊びで役立ててほしいときは、書店で使える図書カードや、おもちゃ店などで使えるこども商品券を。しっかり勉強してね、大いに遊んでね、という贈り主の気持ちも伝わるはずです。

究極の自由選択! 商品券・ギフトカード

“どんなことにでも自由に使ってほしいけれど、現金は気が引ける”といった場合の究極の贈りものが、百貨店やデパートなど多くの小売店で使える汎用の商品券・ギフトカードです。ただし、現金とは違って加盟店でなければ使えませんから、贈り先の生活圏に加盟店があるかどうかチェックしておきましょう。金額が明らかになる贈り物はちょっと・・・という方には、アイテムや体験を自由に選んでいただけるカタログギフトもおすすめです。

すてきな時間を過ごしてもらうためのギフト券も

コーヒー、音楽、ゲーム・・・お相手の好きなものを

自分の好みをよく分かってもらえているというのは、もらった人にとってもうれしいもの。“あのコーヒーショップチェーンによく行っている”とか、“あの音楽サービスをよく利用している”といった風に、相手の細かい嗜好がわかっている場合は、お店やメーカーが発行しているギフト券、ギフトカードを贈るのもおすすめ。日常生活ですぐに役立ててもらえるのもポイントです。

ギフトの常識を変える!? 体験ギフトカタログ

相手のお好みは分からないけれど、モノより思い出を贈りたいという方にぴったりなのが、最近話題の「体験ギフトを集めたカタログギフト」。食事でも、リラクゼーションでも、ものづくりでも、やってみたいことを自由に選んでいただけます。後日、どんな“体験”を選んだか、また体験談などをうかがってみると、場も盛り上がりますし、相手のお好みが分かって今後のお付き合いにも活かせます。

この記事に関係するカタログギフト
サイトマップ
ページのTop(一番上)へ