ワインギフトをリサーチ!もらってうれしいワインって、ずばりどんなもの!?

誕生日や記念日の贈り物など、さまざまなシーンで人気のワインギフト。しかし、原産国や品種などワインの種類は多種多様で、さらに贈るお相手がワイン好きの場合など、どんなワインを選べばいいか悩んでしまう方も多いのではないでしょうか。今回は、そんなお悩みを解決すべく、どんな種類が人気なの? どんなときにもらうとうれしいの? もらってうれしいのはどんなワインなの? など、ワインギフトのトレンドをリサーチしてみました。

※ワインギフトをもらった30代・40代・50代・60代以上の男女400名にインターネット調査(調査期間:2016年6月12日~6月13日)

すばり、もらってうれしいのはこんなワイン!

すばり、もらってうれしいのはこんなワイン!ベスト10グラフ

もらってうれしいワインはどんなワインなの? の設問に対しての回答は、「好きなタイプ(赤・白・ロゼなど)のワイン」という方が約半数、「好きな味(重め・軽め・甘口・辛口)などのワイン」と答えた方が約1/3となり、お値段評価の「リッチなワイン」をおさえて1位2位になりました。
リッチなワインもうれしいけれど、やっぱりもらってうれしいのは自分の好みに合ったワイン、という結果になりました。

一方、贈る側としては、自信を持って贈りたいため、ワインに何らかの価値を求めて「限定ワイン」や「受賞ワイン」、「有名ソムリエおすすめワイン」などを選びたくなるものですが、「限定ワイン」は7位、「受賞ワイン」は10位、「有名ソムリエおすすめワイン」は圏外となっています。もらう側からのワインの付加価値を求める声は意外にも少数のようです。

「自分好みのワインをもらうとうれしい!」ということは、わかっていてもおいしさの基準は十人十色。
自分がおいしいと思うワインを贈っても、相手がおいしいと思ってくれるかどうかわからない、そんなお悩みにはワイン専門のタログギフトを贈るという手もあります。受け取った方が、それぞれ品種や産地、テイストなどの説明とともにカタログに掲載されている、さまざまなワインの中から自分好みのワインをセレクトしてお取り寄せできるので、ワイン好きのあの方へのギフトでも外す心配はありません。安心してワインを贈ることができる心強い味方です。

みんな、どんなタイプのワインが好きなの!?

ワインカタログギフトもいいけど、やっぱり自分でワインを選んで贈りたい…。
そんなとき100%お相手の好みに合ったワインを選ぶのは難しいけれど、もらってうれしいワインで1位となった「好きなタイプ(赤・白・ロゼなど)のワイン」を押さえておくことで、大失敗は避けられるのではないでしょうか? そこで実際に、どんなタイプのワインが人気なのか、気になる人気のワインのタイプについて聞いてみました。

男女別、好きなワインのタイプ(赤ワイン、白ワイン、ロゼワイン、スパークリング、その他)グラフ

好きなワインのタイプの1番人気は男女ともに「赤ワイン」という結果になりました。男性の約半数が支持していますので、男性に贈るならば「赤」がよいかもしれません。

「白ワイン」は、男女ともにほぼ同率ですが、「ロゼワイン」「スパークリング(シャンパン)」は特に女性に人気が高いという、男女の好みの差が見えてきました。

とはいえ、この結果はアンケートに基づく傾向なので、赤を好まれない男性や、スパークリングが苦手な女性もいらっしゃいます。ワインギフト選びの際には、贈り先さまの好みをちょっとだけ探ったうえで選ぶことが、外さない贈り物の近道といえるでしょう。

ワインギフトの人気のヒミツを探る!

男女別、ギフトにワインをもらったらうれしい!?円グラフ

ワインギフトの人気度を知るために、「ワインギフトをもらったらうれしいか?」を調査したところ、「うれしい」&「どちらかといえばうれしい」のうれしい派が、男性で87.5%、女性で82%という結果に。
うれしい派が、「うれしくない」&「どちらかといえばうれしくない」のうれしくない派を圧倒する、ワインギフトの人気を証明する結果となりました。
では、なぜワインギフトをもらうとうれしいのでしょうか? その理由について伺いました。

ワインギフトをもらってうれしい理由とは!?

◆男性ランキング

1位 ワインが好きだから 53.1%

2位 お酒が好きだから 43.4%

3位 家族や仲間と楽しめるから 18.9%

4位 高級感があるから 18.3%

5位 特別感があるから 17.1%

※複数回答

◆女性ランキング

1位 ワインが好きだから 48.8%

2位 家族や仲間と楽しめるから 28.7%

3位 特別感があるから 25.6%

4位 お酒が好きだから 22%

5位 高級感があるから 14%

※複数回答

ワインギフトをもらってうれしい理由では、やはり「ワインが好きだから」という声が多数でした。
男性が次に「お酒が好きだから」という個人的な理由をあげたのに対し、女性では「家族や仲間と楽しめるから」という意見が2位になりました。
一人で楽しみたい方も、みんなで楽しみたい方ももらってうれしいというのが、ワインギフトの人気のヒミツなのかもしれません。

どんなときにもらいたい?金額はどのくらい?ワインギフトのシーン&価格をチェック!

どんなときにもらったワインギフトが一番うれしかった?

1位 お誕生日祝い 30.8%

2位 記念日 23.8%

3位 お中元・お歳暮 13.1%

4位 結婚祝い 12.2%

5位 新築・引越し祝い 6.4%

ワインギフトをもらってうれしかったシーンのベスト5は3位の「お中元・お歳暮」を除き、残りの4つは記念すべき日や、人生の転換となるお祝い事のときという結果に。
ご出産も同じく人生の大きな節目となるお祝い事ですが、一般的に出産祝いにアルコールを贈るのはあまり好まれないため、上位には入らなかったと思われます。
そんな特別な日に、お誕生日には生まれ年のワイン、結婚祝いにはおふたりが出会った年のワインなどを贈れば、きっと喜びもひとしおのはず。そんなひと工夫もワインギフトならではのセンスの見せどころです。

そしてギフトを贈る側として、気になるのがお値段。もらってうれしいワインの2位に「リッチなワイン」が入っているように、よいお値段のワインはもらってうれしい一方、あまりに高すぎるワインをいただいてしまうのも、受け取る側として気が引けてしまうものです。
そこで、ワインギフトをもらったことのある方々に、気兼ねなくもらえるお値段について聞いてみました。
ぜひ、ワインギフト選びの参考にしてみてください。

1位 値段は関係ない 53.3%

2位 3,000円~5,000円程度 22.3%

3位 5,000円~10,000円程度 17%

4位 10,000円~15,000円程度 4.5%

5位 15,000円以上 3.1%

調査実施:ギフト総合研究所

サイトマップ
ページのTop(一番上)へ