結婚50周年の大切な節目金婚式の意味とは? 何をプレゼントする?

毎年訪れる結婚記念日は夫婦にとって特別な記念日です。毎年お祝いをしているという人も多いでしょう。結婚生活の期間によって、銀婚式や金婚式というものがあります。言葉は聞いたことがあっても、その意味を知らない人は多いようです。今回は金婚式について、解説していきます。特別なことだからこそ、しっかり理解しておきましょう。

金婚式を迎えた老夫婦とその家族がテーブルを囲んで食事をしているところ

金婚式の由来

金婚式とは、結婚して50年たった夫婦が行う記念の祝いです。

金婚式のように結婚記念日を祝う習慣は、イギリスが発祥の地といわれています。結婚後の経過年数に応じて、5年目には木婚式、10年目には錫婚式(すずこんしき)、25年目には銀婚式、50年目には金婚式など◯◯婚式としてお祝いしてきたものが日本に伝わったとされています。

当初は5年目、15年目、25年目、50年目、60年目の5回だけを祝っていましたが、アメリカに伝わってから回数が増えたといわれています。現在では、15年目までは1年単位、それ以降は5年単位で祝うようになっています。

日本で結婚記念日を祝うようになったのは、1894年(明治27年)に明治天皇の銀婚式、大婚二十五年祝典を催したのがはじまりとされています。このことによって、銀婚式や金婚式が日本では多く知られるようになりました。

金婚式の意味

金婚式には金色の輝きを得た豊かさという意味が込められています。
イギリスでは銀婚式以降は、その名前にちなんだ宝石を夫婦で贈りあう風習があります。このため、イギリスと同じく金のアクセサリーといった金製品を贈りあう夫婦もいます。日本では、夫婦の名前を刻んだ金杯を贈ることが知られています。

金婚式を迎える夫婦は、早く結婚をしていても70歳前後の高齢になっています。そのため、子どもや孫、友人、知人といった周りの人たちが主体となってお祝いの会を催すのが一般的です。

お祝いとして金一封を贈ることも多いようですが、最近では、家族で旅行や食事に行くこと、印象に残るような記念のお祝いをしたりするのが定番のようです。両親の結婚50周年には、お祝いの品を用意したり、思い出の写真や映像をまとめたり、素敵な思い出となるよう家族総出で盛大にお祝いしてみてはいかがですか?金婚式のお祝いおすすめプレゼントと押さえておきたいマナーも参考にしてくださいね。

この記事に関係するカタログギフト
サイトマップ
ページのTop(一番上)へ