香典返しを渡す時期はいつ? お返しをしない場合のマナーとは?

香典返しは、お通夜や葬儀で故人にお供えいただいた香典へのお返しです。お悔やみいただいた方々へ、弔事を滞りなく終えたことと御礼を伝えるために贈る物でもあります。
香典返しは、いつ渡せばよいのでしょうか。香典を受け取った後なのか、葬儀が終わって帰宅されるときなのか、それとも後日郵送するのでしょうか。また、「香典返しは、必ず行わなければいけないのか」と疑問を持つ方もいるかもしれません。「香典返しをしない」場合もあるのでしょうか。ここで詳しくご紹介いたします。

風呂敷につつまれた香典返しの品を指差し「忌明けに持参、もしくはあいさつ状とともに配送します」と説明するコンシェルジュさん

香典返しを行う時期

香典返しは、弔事を滞りなく終えたことを伝えるという本来の意味のとおり、四十九日を過ぎた後、つまり「忌が明けて」から贈ります。喪主が直接持参して、あいさつとともに贈るものですが、現在ではあいさつ状とともに配送するのが通例です。

忌が明けてから贈るということで、四十九日法要へ参列された方々へお渡しすると考える方もいらっしゃるかもしれません。しかし、四十九日法要は忌明けの大切な儀式ですので、香典返しは後日あいさつ状とともに配送するか、直接持参しましょう。

また最近では、葬儀当日やお斎の席で、会葬御礼とともに香典返しも贈り、持ち帰っていただくことも多いようです。この場合には、一律の香典返しをお返しし、高額の香典をいただいた方へは後日改めて、それにふさわしい品物をお贈りしたり、香典の金額に応じて複数の香典返しを用意してお渡ししたりします。

香典返しをしない場合

次のような場合には、香典返しをしないことがあります。

  • 葬儀の際に香典や供物をお断りすることを明示した場合
  • 一家の働き手を亡くし、その子どもが小さい場合
  • いただいた香典を故人のゆかりの事業や社会福祉施設へ寄付した場合

香典返しをしない場合でもあいさつ状を送る

上記のような理由で香典返しをしない場合でも、忌明けにあいさつ状を出し、遺児の養育費に充てる、寄付に代えるなど、それぞれの使途を報告するのがマナーです。寄付に代えた場合は、どこへどのような趣旨で寄付したのかを明記しましょう。故人の遺志であった場合、そのことも書き添えておきましょう。

サイトマップ
ページのTop(一番上)へ