知っているようで知らない、香典返しの「相場・タブー」

お香典には「故人や遺族のために使ってほしい」という助け合いの意味もあります。ですから、香典返しも「同じだけお返しする」わけではないのです。ここでは、香典返しの相場の目安と、タブーについて紹介していきます。

「香典返し」の相場の目安は

香典返しの相場は、金額ではっきりと目安があるわけではなく「いただいたお香典の半額程度」というのが一般的です。お香典の額も様々でしょうから、香典返しもそれに応じて何種類か用意することになります。葬儀までは特にやるべきことが多くて混乱しがちですが、周りの方にお手伝いいただくなどして「どなたにいくらお香典をいただいたか」をきちんと控えておきましょう。

「当日返し」の相場の目安は

「当日返し」は皆様に同じ品物を

本来、香典返しは忌明け(四十九日)を過ぎてから贈るものですが、最近は葬儀当日に香典返しを差し上げる「当日返し」もよく見られます。この場合、いただくお香典の額に応じてというわけにはいきませんから、弔問客皆様に同じ品物をご用意します。だいたい、二~三千円程度の品物を選ばれる方が多いようです。

多くいただいた方にはあらためてお礼を

もし、香典返しの倍額以上になるような大きい金額のお香典をいただいたときは、忌明け過ぎにあらためてお礼の品を用意します。予算は「いただいたお香典の半額から、当日返しの分を引いた程度」を目安とするとよいでしょう

香典返しの「タブー」とは

香典返しのタブーアイテム

「不祝儀は残さない方がいい」という考えから、一般的に香典返しには「すぐ使ってなくなるもの」を贈るとされています。このことから、食品にも香典返しの定番となっている品はたくさんあります。ただし、肉・魚は宗教的な影響などもあるのか、古くから避けられることが多かったようです。また、お茶や飲み物も定番のひとつですが、お酒は神事などお祝いによく用いられることから、香典返しとしては不向きと見られることもあります。また商品券など券面に金額が記載されてしまっている金券類も、金額があからさまになることから、快く思わない方がいることを覚えておきましょう。

カタログギフトなら選択肢も広がる

「カタログギフト」であれば、具体的な金額が記載されてはいないものの、ご予算に応じて価格が細かく選択できるというメリットもあります。また金券類のようにもらった方が自由にお好きなものを手にしていただけるだけでなく、香典返しとしても失礼にはあたりません。また、直接贈ることはタブーといわれる「肉・魚・酒」も、カタログに掲載されていますが、カタログギフトを手にされた方がそれらを申し込むのであればマナー違反ではないという考え方が一般的です。思い出の形は人それぞれ。皆様に、それぞれ故人のことを偲べる品物を選んでいただくというのもいいものではないでしょうか。

サイトマップ
ページのTop(一番上)へ