意外と知らない!? 入学祝いで覚えておきたい表書き・のしのマナー

入学祝い金ののし袋に添えられる水引には、いくつかの結び方があります。また袋にも「多当折型」と「風呂敷折型」があり、これは地域によって使われる種類が異なります。何についてのお祝いなのかを伝える表書きを誤ってしまい、知らないところで恥ずかしい思いをしてしまっているかもしれません。ひとつずつ見ていきましょう。

「入学祝い用の表書き」が入った「多当折型(関東式)」と「風呂敷折型(関西式)」ののし袋

入学祝いで使うのし袋の種類とは

入学祝いなら水引は「蝶結び(花結び)」で

水引の結び方には、「結び切り」「あわじ結び(結び切りの一種)」などのほどけない結び方と、「蝶結び(花結び)」などの何度でも結び直せる結び方があります。一般的には、ほどけない結び方は結婚や快気祝いなど「何度も繰り返したくない」お祝いに用いられます。結び直せる結び方は、出産祝いや新築祝いなど「何度あってもいい」お祝いに用いられます。

入学祝いは何度あってもいいお祝いですから、「蝶結び(花結び)」の水引がかかったのし袋を用意するといいでしょう。ちなみに関西には「あわじ結びはどのお祝いでもOK」とする考え方もあります。

関東は「多当折」、関西は「風呂敷折」、少額なら「封筒型」も

のし袋ですが、関東では上下を折り返す「多当折」型が、関西では風呂敷包みのように折る「風呂敷折」型、または正面にひだをつける「ひだ折」型が一般的です。贈るお相手がどちらにお住まいかについても、あらかじめ確認しておきましょう。またいずれの型も、お祝いと弔事で折り方が違うので要注意です。迷う場合や、比較的少額のお祝いなのであれば、カジュアルな「封筒型」ののし袋を用いてもいいでしょう。

表書きは「御入学祝」、「入学(合格)御祝」、「祝御入学(合格)」など

入学祝いののし袋に入れる表書き(何についてのお祝いなのかを示す)は、他のお祝いと比べてもさまざまなバリエーションがあります。スタンダードなのは「御入学祝」、「入学御祝」、「祝御入学」などですが、入学されるお子さまの年齢に合わせて「ご入学おめでとう(ございます)」としたり、高校・大学など受験を経て入学する場合は「合格御祝」、「祝合格」などとするといっそう喜んでいただけるでしょう。

サイトマップ
ページのTop(一番上)へ