出産内祝いの「相場&金額」どうしてる? みんなの結論はこちら

出産内祝いの相場は、いただいた金額の半額(半返し)〜3分の1程度といわれています。ただ、相場はあくまで目安です。相場にこだわってしまうあまり、品物が選べなくなってしまっては本末転倒。贈る側が気にするほど、先様は「相場を守っているか」など、実はそんなに気にしていないものです。相手にとって負担にならず失礼にあたらないものを、バランスを考えて選ぶという考え方もあります。この記事では、悩みがちな相場の考え方をご紹介します。

相場は目安。絶対ではありません

高価な贈り物をいただいた時

親や年配の方から高価な贈り物をいただくことがあります。そんな時は半額(半返し)〜3分の1にこだわる必要はありません。自分が出せる予算の範囲で出産内祝いを選びましょう。メッセージカードや手紙などで、いただいた物への感謝や、大切に使っていくなどの感謝の気持ちを伝えればじゅうぶんです。

いただいた品物の金額が分からない時

金額が分からない品物は相場の計算ができませんから、頭を悩ませる方もいらっしゃるよう。大切なのは正確な金額を割り出すことではなく、お祝いの気持ちに対して感謝の気持ちでお返しをすること。迷った時は、1,000円〜3,000円くらいの相手が恐縮しない金額の品物を選びましょう。

先様別 迷った時のお品選びのポイント

目上の方へ贈る時の注意

「目上の方だから高価な物を」というのは間違い。高価な品物は逆に失礼にあたるとされています。目上の方はしきたりをご存じの場合も多いので、相場なりの品物を選べば問題ありません。「今後とも家族でお世話になります。よろしくお願いいたします。」という気持ちが伝わることが大切です。

連名でいただいた場合の内祝い

友人や会社の人から連名で出産祝いをいただいた場合、一人ひとりに相場価格相当のお品を選ぶ必要はありません。かえって気を使わせる結果にもなりかねません。連名の方への出産内祝いは、みんなで分けることのできるお菓子などが良いでしょう。一人ひとりに贈りたい場合は、気軽に受け取れるちょっとした小物やお菓子などにしましょう。

お祝いをもらっていない人に贈りたい

本来の出産内祝いは、親しい人を招いて出産をお祝いした行事のこと。ですからお祝いをもらっていなくても、自分が日頃お世話になっている人、出産の報告をしたい人に贈るのは構いません。その場合、あまり豪華なものは「私は用意しなかったのに…」と相手を恐縮させてしまいます。小さなお菓子や高価ではない消耗品などを選びましょう。

サイトマップ
ページのTop(一番上)へ