還暦祝いにはみんなで食事会を!女性に喜ばれるお祝いポイントとは?

今は60歳といっても若々しい女性が多いもの。還暦祝いとはいえ「赤いちゃんちゃんこはちょっと……」という方も少なくありません。ここでは、女性に喜んでいただける還暦祝いのポイントを見ていきましょう。

還暦を迎えた女性中心の記念写真

「長寿」より「若々しく素敵」なことを祝う

自分のことを構わない方には「プチ贅沢」な体験を

平均寿命の短かった昔と違って、今や60歳で「長寿」というのもちょっと微妙な感覚。むしろ「60歳になっても若々しくて素敵」なことをお祝いするつもりでいると、喜んでいただけるお祝いになるはずです。

例えば「もう歳だから……」とおしゃれやお出かけに消極的になっている方なら、ドレスアップして行きたくなるちょっと贅沢なレストランや、和服で出かけたくなる料亭での食事会を。「人生、まだまだ楽しまなくちゃ」と思える体験をプレゼントしましょう!

アクティブな方なら「ちょっと若め」のセレクトで

一方、趣味に旅行にとアクティブな方なら、ショーやバースデーサプライズなど珍しい演出のあるレストラン、TV・雑誌で話題になっている新しいお店などをチョイスするのもおすすめ。「若々しい○○さんだから、新しいものもお好きだと思って」とひとこと添えれば、ノリノリで楽しんでもらえること請け合いです!

平均寿命の短かった昔と違って、今や60歳で「長寿」というのもちょっと微妙な感覚。むしろ「60歳になっても若々しくて素敵」なことをお祝いするつもりでいると、喜んでいただけるお祝いになるはずです。

例えば「もう歳だから……」とおしゃれやお出かけに消極的になっている方なら、ドレスアップして行きたくなるちょっと贅沢なレストランや、和服で出かけたくなる料亭での食事会を。「人生、まだまだ楽しまなくちゃ」と思える体験をプレゼントしましょう!

気遣いの細やかな人生の先輩だからこそ……

普段と違いすぎて気を遣われないように

素敵な気分を味わってもらうための食事会。ただ、ご本人やお連れの方が使い慣れないフォークやナイフに苦戦したり、静かな店内で連れてきた子どもが泣き始めたり……となると、かえって気を遣わせてしまいます。非日常感も大切ですが、お箸を用意してもらったり、個室を予約したりして「無理なくみんなが楽しめる」よう環境づくりにも配慮したいところです。

この記事に関係するカタログギフト
サイトマップ
ページのTop(一番上)へ