2015年版 「もらってうれしいお歳暮」人気ランキング! 「もらってがっかり」ランキングも!

お世話になった方々に、一年の感謝の気持ちを贈るお歳暮。喜んでいただけるものを贈りたいと思うからこそ、どんな品物を選んだらよいか、悩んでいる方も多いのではないでしょうか。
そこで、実際にお歳暮をもらった方々にアンケート調査を実施!「もらってうれしいもの」はもちろん、もらったお歳暮の相場や「もらってがっかりしたもの」まで、昨年の調査結果と比較しながらご紹介します。

※1年以内にお歳暮をもらった20代・30代・40代・50代・60代以上の男女400名にインターネット調査(調査期間:2015年10月14日~10月16日)

もらってうれしいお歳暮ベスト10はコレ!

2014年、2015年比較版・もらってうれしいお歳暮ベスト10グラフ

グラフの2015年が(桃色)、2014年が(白色)になります。順位の変動はあるものの、ベスト10すべてが昨年同様の結果となったことから、これらが人気のお歳暮の定番品として定着していることがわかります。

2015年の1位、2位には、「商品券・ギフト券」、「カタログギフト」がランクイン。
ハムやソーセージ、洋菓子やビールなど、お歳暮の定番品はうれしいけれど、商品券やカタログギフトといった、自分で好きなものを買えたり、選べたりするギフトの方がうれしい、というのがお歳暮を受け取る方たちのホンネのようです。

また、「商品券・ギフト券」と「カタログギフト」以外は、すべてグルメギフトがランクインしているのも、お歳暮ならではの特徴です。「お歳暮=食品を贈るもの」という認識の方も多いのではないでしょうか。
ただ、食品は人によって好き嫌いがあるものですので、お贈りする相手の好みがわからない場合は、ランキングで1位2位を独占した「商品券・ギフト券」や「カタログギフト」を選ぶのが、賢いお歳暮選びだといえそうです。

誰からいくらぐらいのものをもらっているの?

誰からもらっている?

1位 親しい親せき・親類から 58.5%(1位/50.5%)

2位 仕事関係の方から 42.5%(3位/30.5%)

3位 日ごろからお付き合いのある方から 41.8%(2位/42.0%)

4位 普段あまりお付き合いのない親せき・親類から 16.5%(5位/13.5%)

5位 実子・実子夫婦から 15.8%(4位/16.3%)

※(  )内は昨年調査

お相手別、いただいたお歳暮の金額グラフ

続いて、実際にお歳暮を受け取っている方々に、誰にどれぐらいの金額のものをもらっているかをお聞きしました。

まず、お歳暮をもらっている相手については「親しい親せき・親類」や「仕事関係の方」、「日ごろからお付き合いのある方」から受け取っている方が多いことがわかりました。
お歳暮は感謝をかたちで表すものですので、やはり普段からお世話になっている方に贈るケースが多いようで、親せき・親類であっても、普段あまりお付き合いのない方から受け取ることは少ないようです。

また、金額に関しては昨年同様、どなたからもらった場合でも「3,000円~5,000円くらい」と答えた方が多いことから、この「「3,000円~5,000円くらい」が一般的なお歳暮の相場であると言えそうです。

「もらってがっかり…」なお歳暮ってどんなもの?

もらってがっかりしたお歳暮ワースト3グラフ

最後に、「こんなお歳暮はがっかり…」という声が多かったものをご紹介します。

ワースト1~ワースト3まで、すべて昨年と同じランキングになりました。

「好みに合わないものをもらったらがっかりしてしまう」、「扱いづらい期限の短い食べ物はちょっと…」というのがお歳暮を受け取る方々のホンネのようです。

感謝の気持ちをきちんと伝えるためにも、品物選びはとても大切です。熟慮して選んだ品でも、実は受け取った相手はがっかりしている…、なんてことがないとは言えませんので、品物選びの際には、特にお相手の趣味・嗜好には注意を払う必要がありそうです。

お相手の趣味・嗜好がわからないときや、迷ったときには「もらってうれしいランキング」で上位に入った「商品券・ギフト券」「カタログギフト」も参考にしてはいかがでしょうか。

ぜひ、感謝が伝わるお歳暮選びにお役立てください。

調査実施:ギフト総合研究所

この記事に関係するカタログギフト
サイトマップ
ページのTop(一番上)へ