2015年版 みんなのホンネ「もらってうれしい結婚内祝い」人気ランキング

おふたりの結婚を祝ってくださった方々へ感謝の気持ちを込めて贈る結婚内祝い。「どんなものを贈ったら喜んでもらえるの?」とお悩みの方も多いのではないでしょうか?
今回は、実際に結婚内祝いを受け取った方々にお聞きしたアンケート調査をもとに、「もらってうれしかった!」という品物や、結婚内祝いの相場などを昨年のトレンドと比較しながらご紹介します。

※1年以内に結婚内祝いをもらった20代・30代・40代・50代・60代以上の男女400名にインターネット調査(調査期間:2015年9月10日~13日)

「もらってうれしかった!」結婚内祝いランキング、ダントツ1位は「カタログギフト」

「もらってうれしかった!」結婚内祝いランキング 2014年、2015年比較グラフ

2015年が(赤色)、2014年が(灰色)になりますが、上位6位までを見てみると、順位の入れ替わりはあるものの、顔ぶれは2015年も2014年も同じ、という結果になっています。

その中でも、「もらってうれしかった!」という声が最も多かった、「カタログギフト」は、喜ばれる結婚内祝いの定番だといえそうです。

では、定番ともなっている「カタログギフト」が人気の理由は何なのでしょうか?

その理由を見てみると、

  • 自分で品物を選べるので、本当に欲しいものが手に入る。
  • 家族みんなでカタログを見ながら品物を選ぶのが楽しい。
  • 商品券と違って、金額がわからないので、変な気を使わなくてよい。
  • いろいろな品物が掲載されていて、カタログを見ているだけで楽しい。

などの意見がありました。

続けてランキングを見てみると、2位には「カタログギフト」同様に、もらった方が好きなものを買うことができる「商品券・ギフトカード」がランクイン。

1位と2位の結果から、「自分の好きなものが選べたり、買えたりする方がうれしい」という、もらい手のホンネを垣間見ることができます。

3位「スイーツ」、4位「タオルなどの日用品」、5位「雑貨・小物」と続きますが、昨年と同じ品物がランクインしていることから、これらも結婚内祝いの好適品であるといえそうです。

結婚内祝いの相場ってどのくらい?

結婚内祝いの相場 2014年、2015年比較グラフ

やっぱり気になる相場感…。ここでは、結婚内祝いとしていただいたものが、自分が贈った結婚祝いに対して、どのくらいの金額だったかについてお伺いしました。

一般的に、結婚内祝いでは、お祝いでいただいた品物の1/3~半額程度の金額のものを贈るのが一般的だといわれています。そのことを反映するように、「半額くらい」、「1/3くらい」と答えた方が多くなっていますので、この価格帯が結婚内祝いの相場だといえそうです。

昨年と比べて見てみると、「半額以上」と答えた方が、昨年に比べて10%以上も多くなっていますが、これはもしかしたら景気の回復が、新郎新婦のお財布にも影響しているのかもしれません。

前述したように、「半返し」、「1/3返し」が一般的であるとはいえ、その金額はあくまでいただいた結婚祝いの金額を基準としていますが、実際に気になるのは「どのくらいのものを贈れば失礼にあたらないか?」だと思います。そこで、贈った相手別に「いくらくらいの結婚祝いを贈ったか?」をお伺いしましたので、ぜひ参考になさってください。

親せきに贈った結婚祝い

3,000円未満 6%

3,000円~5,000円未満 10%

5,000円~10,000円未満 18%

10,000円~20,000円未満 20%

20,000円以上 47%

友人・知人に贈った結婚祝い

3,000円未満 14%

3,000円~5,000円未満 20%

5,000円~10,000円未満 28%

10,000円~20,000円未満 16%

20,000円以上 21%

職場の人に贈った結婚祝い

3,000円未満 21%

3,000円~5,000円未満 23%

5,000円~10,000円未満 25%

10,000円~20,000円未満 16%

20,000円以上 16%

ここは注意! もらってうれしくない結婚内祝いとは?

1位 趣味に合わない雑貨や小物 20%

2位 新郎新婦の名前や写真が入った名入れギフト 19%

3位 嫌いな食べ物 15%

4位 賞味期限の短い食べ物 14%

5位 もうすでに持っているタオルなどの日用品 10%

最後に、はずさない結婚内祝い選びのためにも、「もらって困る!」という声が多かったギフトについてご紹介します。
贈る側は真心を込めて選んだ品物であっても、相手の趣味や好みと合わなければ、「せっかくもらったんだけど…」と、感謝の気持ちをお伝えするどころか、相手を困らせてしまうという残念な結果になってしまうこともあるようなので、ご注意を。

そういった意味でも、贈られた側が好きなものを選べる「カタログギフト」が「もらってうれしかった結婚内祝いランキング」で毎年1位となるというのも頷けます。
最近では、カタログギフトもご年齢やご家族構成などに合わせて、さまざまなものがありますので、相手にぴったりな一冊を選べば、より喜ばれる贈り物になるのかもしれません。

ぜひ、感謝の気持ちがきちんと伝わる、結婚内祝い選びの参考にしてみてください。

調査実施:ギフト総合研究所

この記事に関係するカタログギフト
サイトマップ
ページのTop(一番上)へ