結婚式は前撮り写真で華やかに! ウェディングフォトの魅力とは

最近は結婚式の前にウェディングフォトを撮る前撮りが人気のようですが、そもそもウェディングフォトはいつ撮影するものなのでしょうか。まず、ウェディングフォトの種類と特徴から押さえて、前撮りのメリットを見ていきましょう。

ウェディングフォトを使ったウェルカムボード

ウェディングフォトの種類と特徴

別撮り(前撮り/後撮り)

結婚式・披露宴の日とは別の日程で、スタジオでの撮影や、式場内外や新郎新婦の希望する場所でロケーション撮影をする方法です。式の前だと「前撮り」、式の後だと「後撮り」と呼び分けられます。

当日撮影

結婚式・披露宴の当日、式の前後でのスタジオ撮影や、式場内外で撮影をする方法です。親族との記念写真や披露宴会場のスナップ写真もこれに含まれます。

フォトウェディング

結婚式・披露宴をしないカップルが、2人だけ、または家族だけでスタジオでの撮影や、ロケーション撮影をする方法です。

別撮り、特に「前撮り」には夢を叶えるメリットがいっぱい!

衣装やヘアメイクを当日と変えることもできる

結婚式当日撮影の場合、時間が限られていますから、衣装やヘアメイクも結婚式・披露宴と同じになることがほとんど。別撮りなら「当日と違うドレスも着たい」「少しヘアアレンジを変えたパターンも撮りたい」「時間をかけてたくさんカット数を撮りたい」といった希望を叶えられます。

美しいロケーションや照明で最高の写真を残せる

快晴の海辺や緑と花でいっぱいの公園、日本庭園、趣のある洋館など、ロケーション撮影のバリエーションが広げられるのも別撮りのポイント。スタジオ撮影も、時間をかけてライティングなどをじっくり作り込めるので、写真集のような美しいカットを撮ることができます。

前撮り写真を使って披露宴を華やかに演出

ここまでは別撮り一般のメリットでしたが、特に前撮りならではのメリットが「撮影した写真を披露宴で使える」こと。ウェルカムボードやプログラム、余興のアイテムなどにとっておきの写真を入れてもいいですし、前撮りの写真やオフショットなどをスライドショーにして、披露宴で上映もできます。お二人の華やかなウェディングフォトは、ゲストにも喜ばれることうけあいです。

サイトマップ
ページのTop(一番上)へ