暑中見舞いの期間はいつからいつまで?知っておくべき基本マナー

暑さの厳しい中でも、涼しげな暑中見舞いをいただくと気持ちがさわやかになるものです。こちらがお送りするお相手にも同じような気持ちで受け取っていただけるよう、暑中見舞いの基本を押さえておきましょう。

雨の中(梅雨時)に暑中見舞いをしたためている人

暑中見舞いは梅雨明け~立秋(8月上旬)まで

あまり早すぎると「季節はずれのごあいさつ」に

暑中見舞いの時季は、二十四節気でいう小暑(7月7日頃)から立秋(8月7日頃)前までと言われます。ただし、季節のごあいさつですからあまりに実際の気候とかけ離れているのは考えもの。そこで、お相手がお住まいの地域の梅雨明け以降を目安に送ることが多いようです。

遅れてしまったら「残暑見舞い」へチェンジ

立秋は暑さのピークとされますから、それ以降にお見舞い状を出す場合は「残暑見舞い」となります。残暑見舞いには特にいつまでという決まりは見られませんが、実際の気候を考えると8月中に済ませておくのがよいでしょう。

「お相手を気遣う」気持ちを忘れずに

季節感を出しつつ「お相手を見舞う」ひとことを

夏らしくさわやかな絵柄など、季節感にもこだわりたい暑中見舞い。でも、あくまで「厳しい暑さからお相手を心配してお見舞いする」ものだということは忘れずに。「お体にお気をつけください」「ご自愛ください」といったひとことは欠かせません。

喪中でも暑中見舞いはOK、ただし一層細やかな気遣いを

喪中に年賀状を控えることは知られていますが、ごあいさつである暑中見舞いのやり取りは構わないとされています。ただ、不幸があって間もない場合は四十九日を避けて残暑見舞いとする、華美なハガキは避けておとなしい色柄にするなど、お相手の気持ちに寄り添う気遣いがほしいところです。自分が喪中の場合、暑中見舞いは出さなくても構いませんが、いただいたお見舞いには返事を差し上げるようにしましょう。

サイトマップ
ページのTop(一番上)へ