70歳の古希祝いプレゼントを選ぶポイントとは

60歳の還暦祝い、70歳の古希祝い……古来「長寿を祝う」とされてきた年代の人々も、時代の変化と共にぐっと若々しくなっています。ここでは、古希祝いのルーツやしきたり、現代に合ったお祝いのプレゼントについてご案内します。

古希祝いのカタログギフトを手に、やりたいことをあれこれ想像する年配の夫婦

「古希祝い」は「数え年で70歳」

古来70歳といえば「希少なほど長生き」だった

古希祝いは、中国の詩人である杜甫(712年―770年)の詩句「人生七十古来稀なり」(70歳まで生きる人は古来より珍しい、希少である)に由来するとされています。今や70歳でお元気な方も珍しくなくなりましたが、杜甫の時代はまだまだ短命だったのです。

古希祝いのテーマカラーは「紫」

古希祝いでは、「紫」色のものをお祝いに贈るとされています。ちなみに、数え年で77歳を祝う「喜寿祝い」も同じく紫色のものを贈ります。

熨斗(のし)は蝶結び、表書きは「祝古希(古稀)」

結婚祝いや快気祝いなど「一度きりにしたいお祝い」では結び切りの熨斗を使いますが、長寿のお祝いは何度繰り返してもめでたいものですから、蝶結びの熨斗を使います。表書きは「祝古希(古稀)」または「古希御祝」、長寿祝い一般で使われる「長寿御祝」とすることもあります。

古希祝いのプレゼントは「まだまだ若い!」がポイント

昔よりも若々しい「現代の70歳」

杜甫の時代には珍しいほど長生きだった70歳ですが、時代の変化と共に徐々に若々しい方も増え「まだまだ現役」の年齢とされるようになってきました。長寿祝いだからと言って不要に年寄り扱いせず、女性ならばファッションアイテム、男性ならば趣味のアイテム、家族旅行など「アクティブに楽しめる」プレゼントを選ぶのがおすすめです。

「自分で選べるプレゼント」もうれしい

70歳といえば、身の回りのものは一通りそろいつつある年代ですが、新しいものへの興味はまだまだ旺盛。だからこそカタログギフトのように「自分で選べるプレゼント」は、手持ちの品と重ならず、興味のある品が手に入って喜んでいただけるはずです。フォトフレームやフォトブック付きのカタログギフトもありますから、家族の思い出と共に贈ることもできます。

この記事に関係するカタログギフト
サイトマップ
ページのTop(一番上)へ