金婚式のお祝いおすすめプレゼントと押さえておきたいマナー

夫婦になって50回目の結婚記念日は、お子様やお孫さんに囲まれながら家族の歴史を振り返る節目のイベント。今日まで仲睦まじく夫婦を続けてこられた2人へ感謝と敬意をしたためたピッタリなプレゼントをご用意しましょう。

子ども・孫たちから金婚式を祝ってもらう年配の夫婦

金婚式のプレゼント選びのポイントは?

ご夫婦になられて50年目の記念日ですから、お父様とお母様どちらにも喜んでもらえるプレゼントをお贈りしましょう。

贈り物の定番人気はご夫婦のネーム入りの「時計」や「マグカップ」、「めおと箸」や「めおと椀」など。お酒を嗜まれるご夫婦でしたら、ご結婚された年に製造された「ヴィンテージワイン」や、金婚式にかけて金箔をあしらった「吟醸酒」なども喜ばれます。

ご夫婦が歩まれた50年への感謝の気持ちをカタチにしてお贈りするなら、寄せ書き風の「メッセージボード」がオススメです。お子様やお孫さんの「ありがとう」が詰まった色紙は世界にたった1枚しかないとっておきの贈り物になるでしょう。

ご家族以外にも、ご夫婦と縁のある方を招待して行う規模の大きな式でしたら、サプライズで夫婦になって2回目の「結婚式」を演出するのも乙なもの。白無垢が主流だった時代にご結婚され、「ウェイデングドレス」に袖を通したことが無い世代のお母様にはまたとないプレゼントになるでしょう。

夫婦水入らずでゆったりとした時間を過ごせる「旅行」も人気の高いプレゼント。旅行券として贈られる際には、ご夫婦に負担をかけない様にスケジュールの管理から旅先での行程、送迎の用意など事前の準備を整えた上でお贈りしましょう。

両親、祖父母の金婚式。ご祝儀の相場はいくらぐらい?

結婚式での祝儀や葬儀の際のお香典とは異なり、金婚式のご祝儀には特に相場は決まっておらず、目安として還暦祝いや古希、喜寿などの長寿のお祝いでお渡しするご祝儀と同等かそれ以上を包まれるのが好ましいでしょう。

知人、友人の場合

地域によって差がありますが、結婚式でお渡しするご祝儀と同等とするのが一般的です。結婚生活50年という節目の年ですので、普段のお付き合いの親密度や周囲の方の意見を参考にして適切な金額を設定されることをおすすめします。

熨斗や表書きに相応しいのは?

何度あっても喜ばしい慶事ですので、水引きは「蝶結び」を使用し熨斗の表書きには「祝金婚式」と書き入れます。

この記事に関係するカタログギフト
サイトマップ
ページのTop(一番上)へ