喜寿祝いのプレゼントに関するマナーとおすすめセレクト

還暦、古希、喜寿、米寿、卒寿……年長者を敬う文化を持つ日本には、多くの長寿祝いがありますが、それぞれのいわれやマナーについては案外知識がないものです。この機会に、ぜひ押さえておきましょう。

喜寿祝いの熨斗と喜寿の由来を図解

「喜寿祝い」は「数え年で77歳」

縦書きの「七十七」を「喜」の字に見立てて

喜寿祝いは数え年の77歳を記念する長寿のお祝いです。縦書きの「七十七」が「喜」の草書とよく似ていることから「喜寿」と呼ばれるようになりました。

喜寿祝いのテーマカラーは「紫」

還暦祝いはちゃんちゃんこなど「赤いものをお祝いに贈る」ことがよく知られていますが、数え年で70歳の古希祝いや喜寿祝いは、無病息災を祈って「紫(紺)のものをお祝いに贈る」とされています。その由来には諸説ありますが、古来、位の高い人が身につける色であったことが関連しているとも言われます。

熨斗(のし)は蝶結び、表書きは「祝喜寿」

結婚祝いや快気祝いなど「一度きりにしたいお祝い」では結び切りの熨斗を使いますが、長寿のお祝いは何度繰り返してもめでたいものですから、蝶結びの熨斗を使います。表書きは「祝喜寿」、または長寿祝い一般で使われる「長寿御祝」「寿福」とすることもあります。

喜寿祝いのプレゼントは「記念」がポイント

会食、旅行、記念撮影、ビデオレターなど「楽しい思い出」を贈る

77歳ともなれば、身の回りの品はだいたい持ち合わせているもの。実用品よりも記念品、なによりお祝いの席を設けて楽しい思い出を増やすことが喜ばれるでしょう。直接会えなくても、ビデオレターや家族写真のアルバムなど、記念に残る品を贈りたいところです。

人生を振り返るアルバム+これから楽しめる贈り物もおすすめ

フォトブック付きのカタログギフトなどを利用すれば「これまでの人生を振り返るアルバム」と「これからの人生を楽しむアイテム」を一緒に贈ることもできます。どのギフトにするか一緒にカタログを見てアドバイスしたり、手続きをしてあげるなど、贈る側が上手にサポートするのがポイントです。

この記事に関係するカタログギフト
サイトマップ
ページのTop(一番上)へ