これを知れば安心!出産内祝いの「のし&メッセージ」4つのルール

出産内祝いは、出産した喜びや、いただいたお祝いへの感謝の気持ちを表現する贈り物ですから、お品物を届けるだけでは不十分。のしやメッセージで気持ちを添えて、贈り物を完成させましょう。この記事では先様に気持ちを伝えるためにマスターすべき基本的なルールや、失礼にあたらない「のし&メッセージ」のマナーをご紹介します。

ルール1:外のし、内のしはどちらが正解?

内のしのイメージ

外のしは包装紙の上からのしをかけることで、内のしは品物の上に直接のしをかけて包装紙で包むことです。のしは古来、贈り物に添えるかたちで風呂敷に包んで届けていました。現在の包装紙が風呂敷の役割をしているとすれば、内のしが正解になります。地域によって異なるので厳密なルールはありませんが、出産内祝いでは、控えめな内のしのほうが好まれます。

ルール2:表書きのルール

のしの表書きは、水引の上に「内祝い」、水引の下に赤ちゃんの名前を書きます。赤ちゃんから「ありがとう」を伝える初めての贈り物が出産内祝いなのです。名前の読み方が複数ある・読みが難しいなどの場合は、ふりがなをつければ覚えやすくて親切です。

ルール3:水引は蝶結びを選びましょう

お祝いの水引には結び切りと蝶結びがあります。蝶結びは何度も結びなおせるところから、「何度繰り返してもうれしい事」に使われます。出産内祝いをはじめ、引越し祝いやお中元・お歳暮にふさわしい形です。ちなみに結び切りは1度きりが良いお祝い、結婚や快気祝いなどに使われます。

ルール4:メッセージは先様の気持ちや状況に配慮した内容を。

「お返し」という言葉はタブー

「お返し」は、「もらったから返す」と読み取られるおそれがあります。お礼状やメッセージに「お返し」という言葉は避けて、「ささやかですが心ばかりの品をお贈りさせていただきます。」などとします。もしくは、贈り物については何も書かず、お祝いをいただいた事への感謝の言葉と「今後ともよろしくお願いいたします。」の挨拶にとどめたほうがよいでしょう。

赤ちゃんの写真を添えるのはごく親しい身内のみに。

先様は、赤ちゃんが欲しいのに授かることができない方もいらっしゃるかもしれません。そうでなくても家庭の事情などで、赤ちゃんの写真入りのカードは気持ちに負担をかけてしまうかもしれません。出産はうれしい事だからこそ、受け取る先様の気持ちにも配慮したいもの。写真入りのカードは、ごく親しい身内のみに添えるのが望ましいです。

サイトマップ
ページのTop(一番上)へ