出産祝いの熨斗(のし)の書き方について

親しい友人や身近な人に新たな家族が誕生したら、赤ちゃんの健やかな成長を願い「出産祝い」を贈ります。赤ちゃんが生まれて初めて受け取るプレゼントですから、熨斗の表書きや水引はマナーに則った正しいものを選択しましょう。

上司と連名での出産祝い熨斗袋の書き方を悩む若手社員

表書きは筆書きで、濃くハッキリと書き入れましょう

熨斗紙や熨斗袋にある水引の結び目の上に書き入れる「御祝」「御出産祝」「祝御安産」などの「表書き」は贈り主の思いがこもった手書きの方が、より相手へ「おめでとう」の気持ちを伝えられます。書き入れる際には、贈り主の名前よりも大きな文字でハッキリと。万年筆やボールペンの使用は失礼にあたりますので毛筆や筆ペン、サインペンを使用しましょう。また、用いる墨色にも気配りが必要です。薄い墨には「涙で滲んだ」「墨を擦る時間を惜しんだ」といった心情が込められているため、出産や結婚といった慶事の際には黒色の墨で濃く書き入れるよう注意しましょう。

水引には上向きの蝶結び(花結び)を

「何度あっても喜ばしい」出産祝いの祝儀袋や贈答品の熨斗紙には、一般的に何度も結び直せる紅白の蝶結び(花結び)を使用します。

最近ではデザインにも選択肢が広がり、華やかなパステルカラーや蝶結びの代わりに愛らしい人形をかたどった水引など、バリエーション豊かな品物があります。選択に迷った際には贈り主の個性よりも、お祝いされる側の気持ちを優先し適切なデザインを選択しましょう。

夫婦や友人一同など、連名での名前の書き方

贈り主の名前は水引の下段中央に、表書きよりもやや小さな文字で書き入れます。夫婦でお祝いされる際には中央に夫の氏名、左隣に妻の名前を記入します。

友人一同でお祝いされる場合は3名以内の連名でしたら、右から五十音順に記入しましょう。4名以上の連名の場合は代表者の名前を記入し、右隣に「外一同」と書き添えます。表に記入できなかった友人の名前は別紙に記入し中包みに同封しましょう。

職場の同僚一同でお祝いされる場合は、五十音ではなく役職や年齢の高い方から順に記入します。また、会社全体や部署全体での多人数でのお祝いは「○○部一同」と記入し、お祝いされた方の氏名は別紙に記すのが一般的です。

同僚ではなく仕事上で親しくお付き合いされている方へのお祝いでは、自身の名前の左隣に、名前よりもやや小さな文字でお勤めの会社名を記入しましょう。

中包みの書き方

ご祝儀を包む中包は表面に漢数字(壱・弐・参など)で金額を、裏面には贈り主の住所と氏名を記入します。中包みと表書きで異なる文具を使用するのはマナー違反になりますので、記入の際には表書きと同じ文具を使用しましょう。

表面に記載する金額の頭の文字は「金」とするのがしきたりですが、金額の最後に「也」を付けるのは円より下の単価「銭」が一般的ではなくなった現代では省略されることがほとんどです。

サイトマップ
ページのTop(一番上)へ