快気祝いの意味とは? 喜ばれる快気祝いのマナーとギフト

「お見舞い」ほどはなじみがない「快気祝い」。ここでは「快気祝い」とはどんなお祝いなのか、一般的なマナーなどを見ていきましょう。

快気祝いの品を見ながら友人を思い浮かべる男性

快気祝いは「病気(ケガ)全快の報告・お見舞いのお礼」

快気祝いは本来、病気やケガが全快したことを喜んで、本人からお世話になった方へ「お祝いのお裾分け」(=内祝い)をするもので、快気内祝いともいわれます。現在ではそれが転じ、全快したことをご報告するあいさつや、療養中のお見舞いに対するお礼として贈られることが一般的になっています。

快気祝いは「繰り返したくない・残したくない」お祝い

今回限りにしたいお祝いには「結び切り」の熨斗(のし)を

お祝いとはいえ、そもそも病気やケガをしてしまったからこその「快気祝い」。二度とない方がよいお祝いですから、熨斗はちょう結びではなく、ほどけにくい「結び切り」の水引がついたものを使います。表書きは、上に「快気祝」、下に「病気(ケガ)をした方の姓(名まで入れることも)」を記すのが一般的です。

食品・洗剤・タオルなどの消耗品が快気祝いの定番

快気祝いは「病気やケガがきれいになくなった」ことを祝うものですから、後に残る記念品ではなく「消えてなくなる品」を選ぶのがマナー。中でもお菓子や飲みものなどの食品、洗剤、タオルなどが定番のアイテムとなっているようです。せっかく健康になったのですから、お相手の健康にも気遣った品を選ぶといっそう喜んでいただけるでしょう。

商品券・ギフトカードよりもカタログギフトが無難

便利なギフトとして、商品券やギフトカードを快気祝いに贈りたいと思うこともあるかもしれません。ただ、こうした金券類は、基本的に「お金を贈ってもよい場合に、お金に代えて贈る」もので、特に目上の方へお贈りするのは失礼にあたるという見方が大半です。お相手に好きなものを選んでいただきたいのであれば、金券類よりもカタログギフトを選ぶのが無難です。

サイトマップ
ページのTop(一番上)へ